子供の権利条約

子供の権利条約コンメンタール「第9条 親からの分離」

ユニセフ・逐条解説書(水岡不二雄訳)


公開:2017年7月13日、更新:2017年7月14日

1. 子供の権利条約コンメンタールとは

 ユニセフが発行している「子供の権利条約コンメンタール」の「第9条 親からの分離」の英日対訳(全訳)です。作成は、水岡不二雄氏です。児童相談所の保護、晃華学園事件に関する重要部分を、強調表示にしてあります。

 

 コンメンタールとは、逐条解説書、注釈書と言われるもので、条約の詳しい解釈、実際の適用例などをまとめたものです。日本国内でも、法律や条例の解釈として、所管官庁が作成する事があります。

2. 子供の権利条約コンメンタール「第9条 親からの分離」


 

Article 9  Separation from parents

第9条 親からの分離

 


 

Text of Article 9

1. States Parties shall ensure that a child shall not be separated from his or her parents against their will, except when competent authorities subject to judicial review determine, in accordance with applicable law and procedures, that such separation is necessary for the best interests of the child. Such determination may be necessary in a particular case such as one involving abuse or neglect of the child by the parents, or one where the parents are living separately and a decision must be made as to the child’s place of residence.

2. In any proceedings pursuant to paragraph 1 of the present article, all interested parties shall be given an opportunity to participate in the proceedings and make their views known.

3. States Parties shall respect the right of the child who is separated from one or both parents to maintain personal relations and direct contact with both parents on a regular basis, except if it is contrary to the child’s best interests.

4. Where such separation results from any action initiated by a State Party, such as the detention, imprisonment, exile, deportation or death (including death arising from any cause while the person is in the custody of the State) of one or both parents or of the child, that State Party shall, upon request, provide the parents, the child or, if appropriate, another member of the family with the essential information concerning the whereabouts of the absent member(s) of the family unless the provision of the information would be detrimental to the well-being of the child. States Parties shall further ensure that the submission of such a request shall of itself entail no adverse consequences for the person(s) concerned.


第9条

1 締約国は、児童がその父母の意思に反してその父母から分離されないことを確保する。ただし、権限のある当局が司法の審査に従うことを条件として適用のある法律及び手続に従いその分離が児童の最善の利益のために必要であると決定する場合は、この限りでない。このような決定は、父母が児童を虐待し若しくは放置する場合又は父母が別居しており児童の居住地を決定しなければならない場合のような特定の場合において必要となることがある。

2 すべての関係当事者は、1の規定に基づくいかなる手続においても、その手続に参加しかつ自己の意見を述べる機会を有する。

3 締約国は、児童の最善の利益に反する場合を除くほか、父母の一方又は双方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係及び直接の接触を維持する権利を尊重する。

4 3の分離が、締約国がとった父母の一方若しくは双方又は児童の抑留、拘禁、追放、退去強制、死亡(その者が当該締約国により身体を拘束されている間に何らかの理由により生じた死亡を含む。)等のいずれかの措置に基づく場合には、当該締約国は、要請に応じ、父母、児童又は適当な場合には家族の他の構成員に対し、家族のうち不在となっている者の所在に関する重要な情報を提供する。ただし、その情報の提供が児童の福祉を害する場合は、この限りでない。締約国は、更に、その要請の提出自体が関係者に悪影響を及ぼさないことを確保する。

 


Article 9 of the Convention on the Rights of the Child enshrines two essential principles of children’s rights: first, that children should not be separated from their parents unless it is necessary for their best interests and, second, that all procedures to separate children from parents on that ground must be fair. It also affirms children’s rights to maintain relations and contact with both parents, and places a duty on the State to inform parent and child of the whereabouts of either if the State has caused their separation (for example by deportation or imprisonment).

 子どもの権利条約第9条は、子どもたちの権利の2つの不可欠な原理を神聖なものと位置付けています: 第一に、子どもたちは、児童の最善の利益から必要とされるのでない限り、その親から切り離されるべきではありません。そして、第二に、その理由からする子どもたちの親からの切り離し手続きは、公正でなければなりません。この条項はまた、子どもたちが、両親との結びつきと接触を維持する権利を確認しており、そして、国家がこの分離を行なったならば(例えば国外追放あるいは収監によって)、親と子どもに、それぞれの居場所を知らせる義務を国家に課しています。

 

 

The basic principles are enshrined in the 1959 Declaration of the Rights of the Child: “The child, for the full and harmonious development of his personality, needs love and understanding. He shall, wherever possible, grow up in the care and under the responsibility of his parents...” (article 6). These words are echoed and developed in the Convention’s preamble: “the child… should grow up in a family environment, in an atmosphere of happiness, love and understanding.”

 この基本原則は、1959年の子どもの権利宣言において、神聖なものと位置付けられています。「児童は、その人格の完全な、かつ、調和した発展のため、愛情と理解とを必要とする。児童は、できる限り、両親の愛護と責任のもとで…育てられなければならない」(6条)。この言葉は、子どもの権利条約の前文において受け継がれ、発展させられています:「児童が、...家庭環境の下で幸福、愛情及び理解のある雰囲気の中で成長すべきである」。

 

 

The Guidelines for Periodic Reports (Revised 2005) asks States to provide information on what legal or administrative measures there are for securing that the best interests and respect for the views of children are addressed when separation from parents occurs, and for data on the “number of children without parental care disaggregated by causes (i.e., due to armed conflict, poverty, abandonment as a result of discrimination etc.)”  (CRC/C/58/Rev.1, pp. 6 and 12).

 定期報告の指針(2005年改訂)は、国家に、親から子どもが分離されることになったとき、子どもの最善の利益とその見解との尊重を保障するどのような法的・行政的手段があるかについての情報、ならびに「原因によって分類(すなわち、武力紛争、貧困、差別の結果としての棄児など)された、親が面倒をみていない児童の数」についてのデータを提供することを求めています。

 

 

The International Covenant on Civil and Political Rights provides “The family is the natural and fundamental group unit of society and is entitled to protection by society and the State” (article 23(1), which is mirrored by article 10 of the International Covenant on Social, Economic and Cultural Rights) and: “No one shall be subjected to arbitrary or unlawful interference with his privacy, family, home or correspondence, nor to unlawful attacks on his honour and reputation. Everyone has the right to the protection of the law against such interference or attacks” (article 17(1) and (2)).

 市民的及び政治的権利に関する国際規約は、「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位であり、社会及び国による保護を受ける権利を有する」(23条(1), これは、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の第10条に反映されています)、そして「何人も、その私生活、家族、住居若しくは通信に対して恣意的に若しくは不法に干渉され又は名誉及び信用を不法に攻撃されない。すべての者は、1の干渉又は攻撃に対する法律の保護を受ける権利を有する」(第17条⑴及び⑵))と規定しています。

 

 

The child’s right “not to be separated from parents against their will, except when judged necessary for the child’s best interests”

 子どもの権利「児童がその父母の意思に反してその父母から分離されないことを確保する。ただし、…その分離が児童の最善の利益のために必要であると決定する場合は、この限りでない。」

 

 

The words “against their will” refer either to the parents’ will or to the parents’ and child’s will together; the grammar makes clear that it does not mean the child’s will alone. And, in one sense, the right of children to parental care is inevitably subject to the “will” of parents. Infants have no power or ability to choose their caregivers. They are dependent on their family, community and
the State to make that choice for them. Moreover, even if young children were in a position to“choose” their parents, they could not force them to act as parents against their will. The State can seek to force parents to financially maintain their children, but it cannot compel parents to care for them appropriately.

 「父母の意思に反して」という言葉は、親の意思か、ないしは親と子どもの意思の両者か、いずれかをさすものです。文法からして、これは、子どもの意思だけをさすものではないことは明らかです。そして、親の監護を受ける子どもの権利は、不可避的に、親の「意思」を必要としています。乳児には、その監護者を決める権限も能力もありません。乳児は、その家族・地域共同体・そして国家が、自分たちのため選択することに依存しています。さらに、仮に小児がその親を「選ぶ」ことができたとしたところで、小児は、親に対し、その意思に反して行動するよう強要することは、親のようにはできません。国家は、親に、その子供を経済的に支えるよう促すことはできますが、小児を適切に監護することの強要はできません。

 

 

Although States cannot be responsible if separation from parents is caused by divorce, the Committee has suggested that research and awareness-campaigns on the effect of divorce on children should be supported, as well as counselling for parents:

 国家は、親からの分離が離婚によって生じたものであれば、これに責任を負うことはできませんが、[子どもの権利]委員会は、離婚が子供に及ぼす影響について、研究と認識を高めるキャンペーン、そして親へのカウンセリングへの支援がなされるべきであると助言してきました。

 

 

“The Committee is concerned at the high rate of divorce – considered among the highest in the world – in the State Party and its possible negative impact on children. The Committee is also concerned at the lack of research and studies on the harmful consequences on children of divorces and early marriages as well as the insufficient measures to create public awareness on the detrimental effects of
divorce.
“… The Committee… recommends that the State Party undertake research and studies on the negative impact of family disruption on children as well as to continue with its awareness-raising on this issue. Furthermore, the Committee recommends to the State Party to improve counselling services for parents.”
(Maldives CRC/C/15/Add.91, paras. 17 and 37)

 「委員会は、締約国における高い離婚率—世界で最高の部類に入る—と、それが子どもたちに与えうる影響に憂慮している。委員会はまた、離婚が子どもたちに及ぼす有害な結果についての調査研究が欠如していること、そして早期の結婚と離婚の否定的影響についての公衆の意識を呼び起こすために不十分な政策しかとられていないことを憂慮する。
 「委員会は、締約国が、家庭の崩壊が子どもたちに及ぼす否定的影響について調査研究を行ない、この問題について引き続き意識高揚を図ることを勧告する。さらに、委員会は、締約国が親へのカウンセリングサービスを改良することを勧告する。」(モルディブCRC/C/15/Add.91, 17 および 37段落)

 

 

The article gives two examples of when it may be necessary to separate children from one or both parents: first, when the parents have abused or neglected the child and, second, when parents live apart. A third example was suggested by the
United States of America representative during the drafting of the Convention: “where there is a disagreement between parent(s) and child as to the child’s place of residence” (E/1982/12/Add.1, C, pp. 49 to 55; Detrick, p. 168). This suggestion
was dropped on the grounds that an exhaustive list of reasons should not be attempted. The two examples are simply illustrations of cases when separation from parents may occur.

 この条文は、子どもを一方または両方の親から分離することが必要となるかもしれない場合について2つの事例を挙げています。第一に、両親が、児童を虐待したかネグレクトした場合、第二に、両親が別居している場合です。第三の例がアメリカ合衆国の代表から、本条約起草の際に提案されました。「親子の間で、子どもの居住地について不一致があった場合」です(E/1982/12/Add.1, C, 49から55頁; デトリック, 168頁)。この提案は、網羅的に事由を挙げることはすべきでないという理由で、採り入れられませんでした。この2つの例は、単純に、親から子どもが分離されるかもしれない事例を例示的に挙げたものにすぎません

 

 

However, the third example given by the United States of America does raise a profound difficulty for some children – when parents agree between themselves where the child should live, or how parental access should be organized, but when the child is unhappy with the arrangement. Few States make provision for the child in such circumstances, arguing that the State should not interfere in the private arrangements of parents.  But if the State accepts that it has a role as arbitrator when there are disputes between husband and wife, then it should accept its role as arbitrator when there is dispute between parent and child – at least to the extent of establishing judicial machinery for the child to make a case for arbitration. Children may have good reasons for not wishing to live with parents. When the Committee raised the “increasing number of street children” with the Russian Federation, it recommended that the State Party:

 とはいえ、アメリカ合衆国が提起した第三の事例は、たしかに、いくらかの子どもたちに相当の困難をもたらしています—両親同士がどこに児童が居住すべきか、あるいはいかに親との面会交流を取り計らうべきか同意したにもかかわらず、子どもがそれに対し不満な場合です。国家は、親の私的な取り計らいに介入すべきでないと説いて、このような状況にある子どものために備えをしている国家は、わずかしかありません。しかし、もし国家が、妻と夫との間に争いがあるときに仲介者としての役割をもつことを受け入れるならば、国家は、親子の間に争いがある場合にも、仲介者としての役割を受け入れるべきです—少なくとも、これを仲介されるべき事件として扱う子どものための法的機構を設置すべきでしょう。子どもたちには、親と一緒に住みたくないということの適切な理由があるかもしれません。委員会が、ロシア連邦に「増加するストリートチルドレン」について問題提起したとき、次のような勧告をしました:

 

 

“… Promote and facilitate the reunification of street children with their parents and other relatives or provide alternative care, taking into account the children’s own views…”  (Russian Federation CRC/C/RUS/CO/3, para. 75)

 「子どもたち自身の観点を考慮に入れつつ、ストリートチルドレンの親ならびにその他の親戚との再統合もしくは代替的ケアを奨励し促進する…」(ロシア連邦CRC/C/RUS/CO/3, 75段落)

 

 

On the other hand, children may want to live with parents even when the State thinks they are inadequate:
“The Committee notes that children are often placed in alternative care without their views being adequately taken into account, and it is concerned that they authorities do not always adequately support the maintenance of fundamental parent-child links…
“The Committee… recommends that the State Party sufficiently take into account children’s views in any decision regarding their placement in alternative care. Furthermore, it recommends that the parent-child relationship not be negatively affected by placement in alternative care.” (Finland CRC/C/15/Add 272, paras. 28 and 30)

 一方、子どもたちは、たとえ国家が不適切だと考えても、親と一緒に住むことを求めるかもしれません:
 「委員会は、子どもたちが、その意見を適切に聴取され考慮されることなく代替的養護にしばしば送り込まれていることに留意し、基本的な親子の絆を維持するための適切な援助を当局が行なっていないことに憂慮する…
 「委員会は、締約国が、代替的養護に子どもを置くどのような決定にあたっても、子ども自身の見解を考慮することを…勧告する。さらに、代替的養護に置くことにより親子関係に否定的影響が及ばないようにすることを勧告する」
(フィンランド CRC/C/15/Add 272, 28 及び 30段落)

 

 

Other aspects of “unnecessary” separation from parents include 

「不要」な親からの分離の他の側面には、次のものも含まれる

 

 

State care.
Article 20, on alternatives to family life, provides for those children who will have to be temporarily or permanently deprived of their family environment if that is in their best interests. Some States adopt more prescriptive criteria than others for determining what the best interests of children are. Where laws specify grounds for state care, they must be examined carefully for discriminatory application. For example, homelessness or poverty of the parents should not be grounds in themselves for removal of the child, nor should a parent’s failure to send the child to school. If these deficiencies are causing the child’s development to be impaired, then the State should put its resources into making good the deficiency while maintaining the child in the family. For example, the Committee told Nepal that it must abolish its legal provision allowing the poverty of parents as a legal ground for adoption (Nepal CRC/C/15/Add.261, para. 54), and has noted with concern that a number of countries have children in state care because of the family’s poverty, such as Azerbaijan and Hungary:

国家による養護 
 20条は、家庭生活の代わりに関するもので、子どもたちの最善の利益にかなう場合に、家庭環境を一時的ないしは永遠に奪われなければならない子どもたちについて規定しています。子どもたちの最善の利益とは何かを決定するについては、規範的な範疇を採用している国とそうでない国があります。法律が、国家による養護の理由を特定しているところでは、それが差別的な適用になっていないか注意深く検討する必要があります。例えば、親のホームレスや貧困も、親が児童を学校にやらないことも、それ自体として、子どもを引き離す理由とされるべきではありません。こうした問題が児童の発達を損なう原因となっているならば、国家は、子どもを家庭にとどめておきつつ、その資源を、その問題をただすために投入すべきです。例えば、委員会はネパールに対し、親の貧困を養子縁組の合法的理由とする法律を廃止するよう求めました(ネパールCRC/C/15/Add.261, 54段落)し、アゼルバイジャンやハンガリーのようないくつもの国が、家族の貧困のためその子どもを国家の養護下においていることについて、憂慮を表明しています:

 

 

“The Committee is concerned about the insufficient support for disadvantaged families and the fact that, as a result, children are often unnecessarily separated from their parents…
“The Committee recommends that the State Party provide adequate support to disadvantaged families, including counselling and educational services, and ensure that separation of children from their parents only takes place if necessary, in their best interest and on precise legal grounds.” (Azerbaijan CRC/C/AZE/CO/2, paras. 37 and 38)

 「委員会は、不利な状況に置かれた家庭への不十分な支援、そしてその結果として、子どもたちがしばしば不必要に親から引き離されている事実に憂慮する・・・
 「委員会は、締約国が、不利な状況に置かれた家庭に、カウンセリングや教育サービスなど適切な支援を与え、子どもたちを親から引き離すことは、その最善の利益と厳密な法的根拠に基づいてのみ行われることを確保するよう勧告する」
(アゼルバイジャン CRC/C/AZE/CO/2, 37 及び38段落)

 

 

“The Committee is concerned about the high rate of children placed in alternative care, often for financial reasons, many of them for a long period of time, including very young children and children with disabilities… The Committee is also very concerned that not enough efforts are made to return children to their families as soon as possible.”

 「委員会は、しばしば財務的な的理由により、きわめて小さいか障碍をもつ子どもたちを含む子どもたちが多く長期間代替的養護に置かれている高い率に憂慮を示す…。 委員会は、子どもたちをできるだけ早くその家庭に返すための十分な努力がなされていないことに、深く憂慮する」(ハンガリー CRC/C/HUN/CO/2, 30段落)

 

 

Article 23 of the Convention on the Rights of Persons with Disabilities, adopted by the General Assembly in December 2006, repeats the provisions at the beginning of article 9(1) of the Convention on the Rights of the Child, adding:
“In no case shall a child be separated from parents on the basis of a disability of either the child or one or both of the parents.” And to prevent“concealment, abandonment, neglect and segregation of children with disabilities” States must
“undertake to provide early and comprehensive information, services and support to children with disabilities and their families.”

 国連総会で2006年に採択された障碍者権利条約第23条は、子どもの権利条約第9条(1)の規定の最初の部分を繰り返したうえ、次のように付け加えています:
 「いかなる場合にも、児童は、自己の障碍又は父母の一方若しくは双方の障碍に基づいて父母から分離されない」。そして、「障碍のある児童の隠匿、遺棄、放置及び隔離を防止するため」、国家は「障碍のある児童及びその家族に対し、包括的な情報、サービス及び支援を早期に提供することを約束する。」

 

 

The Committee was also concerned at the number of Roma children in European institutions. Disproportionate numbers of children from ethnic minorities in care may suggest discrimination either in professional attitudes or family support services. Gender may also be a factor, as was raised with Saint Kitts and Nevis:
“… It is recommended that the State Party undertake a study to assess the situation of boys within the family environment and their susceptibility to placement in alternative and/or foster care.” (Saint Kitts and Nevis CRC/C/15/ Add.104, para. 23)

 委員会は、欧州の施設におけるロマの子供たちの数の多さに憂慮しました。養護を受ける子どもたちの中に不釣り合いに大きな比率のエスニックマイノリティが占めていることは、専門的態度もしくは家庭支援サービスにおいて差別があることを示唆しているでしょう。セントクリストファー・ネイビスに関して提起されたように、性もまた要因であるかもしれません。
 「…締約国が、家庭環境にある男の子について、代替的ないしは里親の養護のもとにどれだけ置かれやすいかについて、その状態を評価する調査を行なうことを勧告する」 (セントクリストファー・ネイビス CRC/C/15/ Add.104, 23段落)

 

 

Failure to keep children in contact with their parents may occur when the State makes arrangments for them to live away from home, for example in institutions, specialist schools, street children projects, foster care, “simple adoption”, etc. The loss of contact may be convenient to the caregiver, particularly when the child’s parents appear to be hostile, disruptive or irrelevant to the child’s progress; arguments are sometimes raised that the child needs to “settle in” or that seeing parents upsets the child. However, evidence strongly suggests that children are less likely to be reunited with their parents if contact is not maintained with them during the early months of alternative care. Planning of placements should secure that contact can be easily maintained by the parents, who may be unable to travel distances or visit at set times. The Committee raised such concerns with the Czech Republic:

 子どもたちをその親と接触させておくことが履行されないのは、国家が、例えば施設・特別支援学校・ストリートチルドレンプロジェクト・里親・「単純な養子」などに入れて、家庭から離れて住むように計らうことによって起こりえます。親が敵対的・破壊的・子の進歩に無関心である場合、接触が失われるのは、養育を与える者にとってとりわけ都合がよいことで、子どもたちは「落ち着く」ことが必要であるとか、親と会うことが子どもを動揺させる、という議論が時として起こります。しかしながら、子どもたちの代替的養護が始まった最初の数か月のあいだ親との接触が維持されなければ、親子の再統合がやりにくくなることを強く示唆する証拠があるのです。措置の計画は、長距離を旅行するか、決まった時間に訪問できない親にも接触が容易にできることを確保しなくてはなりません。委員会は、チェコ共和国に、この点で次のような憂慮を示しました:

 

 

“... the Committee is concerned that… children are often placed at significant distances from parents, who, in turn, may not be aware of their visiting rights; punitive measures such as limitation of phone calls or meetings with parents may also be used… Contacts with parents are sometimes made conditional upon the behaviour of children in care.” (Czech Republic CRC/C/15/Add.201, para. 44)
It urged Poland to:
“… Upgrade the capacity and skills of social workers so that they are better able to intervene and assist children in their own environment.” (Poland CRC/C/15/Add.194, para. 37)

 「…委員会は、子どもたちがしばしば親から相当の距離に措置されており、ひるがえって親は、面会交流の権利について認識がない。電話通話の制限や親との面会制限のような懲罰的手段も使われている…養護されている児童とる行動の条件付きで親との接触が認められていることがある」(チェコ共和国 CRC/C/15/Add.201, 44段落)

ポーランドに、委員会は次のように強く求めました:
 「…自身の環境にいる子どもたちに対し、ソーシャルワーカーがよりよく介入し支援できるように、ソーシャルワーカーのスキルを高めなさい」(Poland CRC/C/15/Add.194, 37段落)

 

 

Abandoned, runaway or unaccompanied children living or working on the streets.  Parents in extreme circumstances of poverty, violence or armed conflict may abandon their children, or children and parents may simply lose contact with each other as a result of the pressure of such events; sometimes children leave home for the streets because of violence or exploitation by their parents. The result is that most large cities in the world contain populations of children living independently of their families. State provision for these children should always give them an opportunity of finding and being reunited with their parents and family. For some this may not be possible, but others will have their rights under article 9 breached by assumptions that they are best provided for away from their original family. The Committee has encouraged state efforts in tracing these families:

 街路に居住するか労働している、放棄され、家出し、あるいは親を伴っていない子どもたち  
極限的な貧困・暴力・武力紛争に置かれた親は、その子どもたちを遺棄するか、このような出来事の圧力によって、そもそも親子の相互の連絡がとれなくなってしまうことがあります。時には、子どもたちは、その親の暴力ないし搾取のために、街路に出てきます。その結果、世界の大部分の都市の人口には、親から独立して居住する子どもたちの人口が含まれています。これらの子どもたちに対して国家が果たす役割は、常に、親と家族を見つけ出し、再統合を図る機会を与えるものであるべきです。子どもたちにのなかにはこれが可能でない者もいますが、それ以外について、元の家族から離れて居住することが最良の養護であると前提することは、第9条が守るこの子供たちの権利を侵していることになります。委員会は、子どもたちの家族を探す努力するよう国家に奨励しています:

 

 

“… concern is expressed, inter alia, at reports regarding difficulties and slow progress in tracing separated families and children…
“The Committee urges the State Party to make every effort to strengthen family tracing programmes…” (Colombia CRC/C/15/Add.137, paras. 40 and 42)
For further discussion of children on the streets, see articles 2 and 20 (pages 30 and 286), and of tracing programmes, see article 8 (pages 114 et seq.).

 「就中、分離された家族と子どもたちを追跡するにおける困難と遅い進行の報告に対し憂慮を表明する…
 「委員会は、締約国に、家族を追跡するプログラムを強化するためあらゆる努力を払うよう強く求める。」(コロンビア CRC/C/15/Add.137, 40 及び 42段落)
 ストリートチルドレンについては、2条と20条(30と286頁)に、さらに詳しい議論があり、追跡プログラムについては、8条(114頁以下)にあります。

 

 

Children in hospitals.
Parents may not be allowed to visit or, where appropriate, remain with their children in hospital. Again, this form of separation, more common in industrialized than developing countries, is maintained primarily for the convenience of the staff, although the medical needs of the child patient may be cited.  In fact, it is now generally recognized that children’s recovery is greatly aided by having parents with them in hospital. Though hospital practice is usually controlled by medical staff and hospital managers, the State has a role in encouraging child-friendly hospitals. The Committee raised this matter with Croatia:

入院中の子どもたち 
 入院中の子どもたちを親が見舞いに行けないか、場合によっては入院している子供たちと一緒にいられないことがあります。途上国よりも先進国でより一般的なこのような形態の分離は、主として職員の便宜のためになされていることが多いのですが、子どもの医学的な必要が出されることもあります。実際には、病院に親がいることが子どもたちの回復をたすけることが一般に認識されています。病院の運営は通常医療職員と病院経営者によってコントロールされていますが、国家は、子供に優しい病院にすることを奨励する役割を持っています。委員会は、この問題をクロアチアについて提起しています:

 

 

“The Committee is … concerned about the information that mothers are not allowed to stay with their hospitalized children free of charge unless the child is less than 6 months of age…
“The Committee… recommends that children not be separated from their parents when they are hospitalized.” (Croatia CRC/C/15/Add.243, paras. 51 and 52)

 「委員会は、…入院した子どもが6歳以下である場合を除き、母親が子どもたちと無料で一緒にいることができないことを憂慮する…
 「委員会は…子どもたちが入院した時、その親とひき離さないことを勧告する」
(クロアチア CRC/C/15/Add.243, 51 及び52段落)

 

 

Parents in prisons.
The imprisonment of parents, particularly of mothers of dependent young children, is deeply problematic, because the child is being punished along with the parent. While it is argued that the punishment of offenders always has repercussions for innocent relatives, where children are concerned the effects can be particularly catastrophic to them and costly to the
State, both immediately, in terms of providing for the children’s care, and long term, in terms of the social problems arising from early separation.  One solution is to accommodate young infants together with their mothers in prison; the other is to find more constructive, non-Custodial sanctions.  Where possible, the latter course should be adopted. It is arguable that article 3(1) of the Convention requires courts when sentencing parents to consider the best interests of affected children as “a primary consideration”.

刑務所にいる親
 とりわけ扶養している小児の母である親の収監は、その子どもが親と一緒に処罰されることになるので、重大な問題です。犯罪者の懲罰は常に無罪の親族に対し影響を及ぼすと論じられていますが、子どもたちがかかわるところでは、その影響はとりわけて子どもたちに破滅的なものであり、国家にとっては、当面児童の養護を提供するために、そして長期的には幼少期の分離から生ずる社会問題の観点から、費用がかさみます。一つの解決策は小さな乳児を母親と一緒に刑務所に入れておくことで、もう一つの解決策は、より建設的で保護を用いない制裁を見出すことです。条約の3(1)条は、裁判所に、親に対し刑を科す場合、影響される子供たちの最善の利益を考慮することを「第一義的な考慮」とするよう要求しています。

 

 

Although babies tend to be unconcerned about where they live so long as they are with their mothers, difficulties may arise about when and if to separate mother and child as the child grows older. The Committee has voiced concerns both about accommodating children together with their parents in prison and failures to keep imprisoned parents and children in contact with each other, as, for example, shown its comments to Nepal:
 
 赤ちゃんは、母親と一緒にいる限り、どこに住むかについて関心をもたない傾向がありますが、子どもが歳をとるにつれて、親子分離をすべきか、いつすべきかについての問題が起こってくるでしょう。委員会は、子どもたちをその親と一緒に刑務所に収容しておくことにも、親を収監したまま子どもと相互に交流させないことにも、ネパールへのコメントにみられるように、憂慮を表明してきました:

 

 

“The Committee is concerned about the significant number of children who are living in adult prisons with their parents, often in poor conditions that fall short of international standards…
“The Committee recommends to the State Party that it review the current practice of children living with their parents in prison, with a view to limiting the stay to instances in which it is in his/her best interest, and to ensuring that the living conditions are suitable for his/her needs for the harmonious development of his/her personality. The Committee also recommends that children of parents in prison should be provided with adequate alternative care, for instance, within
the extended family and be allowed regular contact with their parents.” (Nepal CRC/C/15/Add.261, paras. 51 and 52)
 
 「委員会は、相当数の子どもたちが刑務所にその親と一緒に収容されており、国際的水準に満たない劣悪な状況にあることを憂慮する…
 「委員会は締約国に、子どもたちが親と刑務所で生活するという現在のやり方を見直すことを勧告する。これは、子の滞在を子どもの最善の利益にかなう場合に限定する、そして子の人格が調和的に発達する必要にふさわしい状況での居住条件を保障する、という見地からのものである。委員会はまた、刑務所にいる親の子どもが、例えば、大家族のもとで適切な代替的養護をうけ、親と定期的な接触を許すようにすることを勧告する」(ネパール CRC/C/15/Add.261, 51 及び52段落)

 

 

It recommends a systematic approach:
“The Committee recommends that the State Party develop and implement clear guidelines on the placement of children with their parent in prison (e.g. the age of the children, the length of stay, contact with the outside world and movement in and outside the prison) in instances where this is considered to be in the best interests of the child, and ensure that the living conditions, including health care, in prisons are adequate for the child’s development, as required by article 27 of the Convention. It further recommends that the State Party develop and implement adequate alternative care for children who are removed from prison, and such care is regularly supervised and allows the child to maintain personal relations and direct contact with its parent remaining in prison.” (Mexico CRC/C/MEX/CO/3, para. 40)

 委員会は、体系的なアプローチを勧告しています:
 「委員会は、締約国に、刑務所内に親と一緒に子を措置することが児童の最善の利益にかなうとみなされる場合に、これについての明確なガイドライン(例、児童の年齢、滞在期間の長さ、外部との接触、刑務所内部と外部の移動)をつくりだし実行すること、条約27条が求めている児童の発達に適切なよう健康管理を含む刑務所内の生活条件を確保するよう勧告する。さらに、締約国が、刑務所から離された子どもたちへの適切な代替的養護を作り出して実行し、その養護が定期的に監督を受け、子どもが、刑務所に残っている親との人的関係と直接の接触ができるようにすることを勧告する」(メキシコ CRC/C/MEX/CO/3, 40段落)

 

 

Article 2(2) protects children against “all forms of discrimination or punishment on the basis of the status, activities... of the child’s parents, legal guardians or family members” (see page 30). Although mothers have been singled out as being particularly crucial to the development of young children, States should recognize that the imprisonment of fathers can also be very detrimental, depriving children of important role models and often causing the family to become impoverished.

 条約2(2)条は、子どもたちを「締約国は、児童がその父母、法定保護者又は家族の構成員の地位、活動…によるあらゆる形態の差別又は処罰」から護っています(30頁参照)。母親が小児にとってとりわけ決定的なものとして選び出されてきましたが、国家は、父親の収監もまた、子どもたちから重要な模範とされる人を奪い、そして家族を貧困にする原因となるところから、きわめて有害となりうることを認識すべきです。

 

 

Child offenders.
Removal of offending children from their families may be necessary in the best interests of the child, for example where judicial authorities are satisfied that the parents have contributed to their child’s criminality. However, care orders removing parental rights should not be a part of the sentencing tariff for juvenile offending and should only occur when this is in the child’s best interests. Rule 18(2) of the United Nations Standard Minimum Rules for the Administration of Juvenile Justice, the “Beijing Rules”, states:“No juvenile shall be removed from parental supervision, whether partly or entirely, unless the circumstances of his or her case make this necessary.” As regards the imprisonment of children for offending, and their consequent separation from families, this should only occur as a last resort and in their best interests, as discussed under article 37 (see page 556).

子どもの犯罪者 
 法を犯した子どもたちを家庭から切り離すことは、例えば、司法当局が、親がその子どもの犯罪性に貢献していることを確信している場合には、児童の最善の利益からして必要なことかもしれません。しかしながら、親権を奪うという養護命令は、少年犯罪の判決の選択肢のなかに含まれるべきではなく、それが子どもの最善の利益である場合にのみなされるべきです。少年司法運営に関する国連最低基準規則「北京規則」は、「事案の事情が必要としないかぎり、少年は親の監督から、部分的であれ完全にであれ、離されてはならない」と言明しています。法を犯した子どもたちの収監に関しては、第37条のところで議論するように、最後の手段としてのみなされるべきです(556頁参照)。

 

 

Parents working abroad
Across the world fathers, and increasingly mothers too, are forced to leave their children behind when they seek employment abroad. On Sri Lanka’s Initial Report the Committee expressed concern about

外国で働く親
 世界中で、父親が、そしてますます多くの母親も外国に仕事を求めるとき、その子どもたちを残していくことを余儀なくされています。スリランカの初回の報告書について、委員会は、次の点に憂慮を表明しました:

 

 

“… the situation of children whose mothers are working abroad, especially in Gulf countries, leaving their children behind. Those children (between 200,000 and 300,000) often live in difficult circumstances and may be subjected to different types of abuse or exploitation.”

 「…外国で、子どもを置き去りにしたまま、とりわけ湾岸諸国で働いている母親の子供たちの状況。これらの子どもたち(20万人から30万人)は、困難な状況の下で生活しており、いろいろな形態の虐待や搾取にさらされるかもしれない」。

 

 

Its proposed solution was not, as might have been expected, to recommend improvements to Sri Lankan services for these motherless children, but, in keeping with article 9:
“To avoid the abandonment of children by mothers working abroad, the Committee suggests that the State Party engage in dialogue with receiving countries to ensure an international agreement that permits migrant workers to take their children abroad. Ratification of the International Convention on the Rights of All Migrant Workers and Members of Their Families should be considered.” (Sri Lanka CRC/C/15/Add.40, paras. 16 and 33)

 これに提案された解決策は、予想されたような、母親のいない子どもたちのためにスリランカのサービス改良を勧告するというものではなく、9条に準拠するものでした:
「外国で働く母親が子どもたちを遺棄しないように、委員会は、締約国が受入国との対話を行ない、移民労働者がその子どもたちを外国に連れていけることを許可する国際合意を確保することを提案する。全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約の批准が、考慮されるべきである」(スリランカCRC/C/15/Add.40, 16 及び33段落)

 

 

When Sri Lanka made its Second Report, the Committee noted a new programme for children of migrant workers,
“… yet it is concerned that families of migrant workers receive little or no assistance with their child-rearing responsibilities while they are working abroad…
“The Committee recommends that the State Party develop a comprehensive policy to support the families and caregivers of children of migrant workers in their child-rearing responsibilities.” (Sri Lanka CRC/C/15/Add.207, paras. 30 and 31)

 スリランカが第2回の報告書を作成した時、委員会は、移民労働者のための新しいプログラムについて留意しました:
「…とはいえ、移民労働者の家庭は、彼らが外国で働いている間に、その育児の責任についてほとんどあるいは全く援助を受けていないことを憂慮する…
「委員会は、締約国が、移民労働者の育児責任について、移民労働者の家族と養護者を支援する包括的な政策を作り出すことを勧告する」(スリランカ CRC/C/15/Add.207, 30 及び 31段落)。

 

 

The Committee was similarly concerned about Saint Vincent and the Grenadines, where
“the difficult domestic employment situation has obliged many parents, and sometimes both parents, to migrate, leaving children in the care of grandparents or under the responsibility of an older child,”
and recommended that:
“… the State Party… make every effort to provide support to children within the context of the family and consider, inter alia, means of improving employment prospects within the State Party for parents.” (Saint Vincent and the Grenadines CRC/C/15/Add.184, paras. 30 and 31)

 委員会は同様に、セントヴィンセント・グレナディーンについても、同様の憂慮をしました。そこでは、
「困難な国内の雇用情勢からして、多数の親、時には両親がともに移民することを余儀なくされ、子どもたちを祖父母の養護か、より歳をとった子どもの責任の下に委ねている」、
そして、次のように勧告しました:
「…締約国は…家庭の枠組みにおいて子どもたちに支援を提供するためのあらゆる努力を行ない、就中、締約国の内部において、親のための雇用情勢を改良するための手段を考慮すること」(セントヴィンセント・グレナディーンCRC/C/15/Add.184, 30 及び31段落)。

 

 

Immigration and deportation.
Article 10 deals with the limited rights of children to family reunification when they or their parents are (or wish to be) in different countries. When articles 9 and 10 were being drafted the chairman of the Working Group drafting the Convention made a declaration: “It is the understanding of the Working Group that article 6 [now article 9] of this Convention is intended to apply to separations that arise in domestic situations, whereas article 6 bis [now article 10] is intended to apply to separations involving different countries and relating to cases of family reunification. Article 6 bis [now 10] is not intended to affect the general right of States to establish and regulate their respective immigration laws in accordance with their international obligations.” The Chairman’s declaration caused some concern. Three State representatives in the Working Group responded by emphasizing that “international obligations” included principles recognized by the international community, particularly human rights and children’s rights principles – including, of course, the principles of article 9. The representative of the Federal Republic of Germany “reserved the right to declare that silence in the face of the chairman’s declaration did not mean agreement with it” (E/CN.4/1989/48, pp. 32 to 37; Detrick, pp. 181 and 182).

移民と強制送還
 10条は、子どもたちないし親が他国に行く(もしくは行こうとする)場合における、子どもの家族再統合の限定的な権利について扱っています。第9条及び10条が起草されたとき、条約の草案をつくる作業部会の議長は、次のように宣言しました:「この条約の第6条[現行第9条]は、国内の状況において発生する分離に適用しようとするものであり、他方第6条の2[現行第10条]は、異なる国がかかわる分離と家族再統合の事例に適用しようとするものである。第6条の2[現行第10条]は、国家が、その国際的責務に従って移民法を制定し運用する一般的権利に影響を与えようとするものではない」。この議長宣言は、一定の懸念を呼び起こしました。作業部会の3つの国の代表は、「国際的責務」の中に、国際社会において認められている人権と子どもの権利についての原理—もちろん、第9条の原理を含む—が含まれると答えました。ドイツ連邦共和国の代表は、「議長の面前での沈黙はそれへの同意を意味しないことを宣言する権利を留保」(E/CN.4/1989/48, pp. 32 to 37; デトリック, 181 及び182頁)しました。

 

 

Such a declaration is, in any event, no more than a clarification of drafting intentions: though influential it does not carry legal force. The declaration was cited by Canada during one of that country’s oral sessions with the Committee. A Committee member commented in relation to the issues of immigration control and deportation: “Under article 9, States Parties should ensure that there would be no separation unless it was in the best interests of the child concerned and determined by competent authorities subject to judicial review. Concern had been expressed at how a child’s best interests were taken into consideration when decisions to deport parents were made. Were family values taken into account by decision-makers? Article 9 also referred to the need for judicial proceedings to give all interested parties the right and opportunity to be heard. It was unclear when and how a child could make his or her views known and with what legal support. Article 12, paragraph 2, established the right of children to be heard in any administrative and judicial proceedings.” (Canada CRC/C/SR.216, para. 28)

 このような宣言は、いずれの場合にも、草案の意図を明確にする以上のものではありません: 影響力はあるとしても、法的強制力をもちません。この宣言を、カナダは、委員会との口頭セションにて引用しました。ある委員は、移民管理と強制送還問題との関連において、コメントしました:「第9条の下で、締約国は、関係する子どもたちの最善の利益となるのでない限り、また能力のある当局が司法審査に従って決定するのでない限り、分離はなされないことを確保すべきである。親を強制送還する決定がなされたとき、子どもの最善の利益がどのように考慮に入れられるかについて、懸念が表明された。意思決定者によって、家庭の価値が考慮に入れられたのか? 第9条は、法的手続において、すべての関心ある関係者に聴取される権利と機会を与える必要についても言及している。児童が、いつどのように、いかなる法的支援のもとでその見解を聴取されるのであるかは、明確でない。第12条の第2段落は、児童がいかなる行政ならびに司法手続きにおいても聴取される権利を制定している」(カナダ CRC/C/SR.216, 28段落)。

 

 

The Canadian representative argued that: “International law did not provide an express right to family reunification nor did the Convention recognize family reunification as an express right... One issue of concern discussed in the United Nations Working Group on the draft convention in December 1988 had been whether the provision in article 9 concerning non-separation from parents would require States to amend their immigration laws to avoid the separation of children from their parents. The Working Group had requested that a statement should be included in the report on its deliberations to indicate that article 10 on family reunification was the governing matter on that issue. It had been the Working Group’s understanding that article 10 was not intended to affect the general right of States to establish and regulate their respective immigration laws in accordance with their international obligations.” However, he did concede that international treaties clearly recognized “the vital importance of family reunification”. (Canada CRC/C/SR.216, paras. 47 and 55)

 カナダの代表は、次のように論じました: 「国際法は、家族再統合について明示的な権利を規定しておらず、条約は、家族再統合を明示的権利として認識していない… 国連作業部会で1988年12月に条約草稿に関し議論された一つの懸念される問題は、親からの不分離を規定した第9条は、国家に、子どもたちが親から分離されないよう移民法を改正することを要求するのか否かということである。作業部会は、第10条の家族再統合がこの問題に適用される事項であることを示す宣明が審議報告の中に含まれるべきことを求めた。第10条は国家が移民法をその国際的責務に従って制定し運用する一般的権利に影響を及ぼそうとするものではないというのが、作業部会の理解であった」。しかしながら、カナダ代表は、国際諸条約が「家族再統合に死活にかかわる重要性があること」を明瞭に認識していることを譲歩して認めました(カナダCRC/C/SR.216, 47 及び55段落)。

 

 

Despite this discussion, the Committee member expressed the view that provisions on family reunification under article 10 should be seen in the light of article 9 (Canada CRC/C/SR.216, para. 84). The subject was not addressed when
Canada submitted its Second Report.

 この議論にもかかわらず、委員は、第10条の下での家族再統合の規定は、第9条の観点から判断されるべきであるという見解を表明しました(カナダCRC/C/SR.216, 84段落)。カナダが2度目の報告書を提出した時、この問題は扱われませんでした。

 

 

Other aspects of immigration have been raised    with other countries:
“The Committee remains concerned that… the national requirements and procedures for family reunification for refugee families, as defined under the Convention relating to the Status of Refugees of 1951, are complex and too long…
“The Committee recommends that the State Party take all necessary measures… to ease family reunification requirements and procedures.” (Germany CRC/C/15/Add.226, paras. 54 and 55)

 移民についての他の側面が、ほかの国について提起されています:
「委員会は、難民の地位に関する1951年の条約において定義された難民家族の家族再統合の要件と手続が複雑で長すぎること…を引き続き憂慮する…
「委員会は、締約国が、家族再統合の必要及び手続を容易化するためのすべての必要な手段…をとることを勧告する」(ドイツ CRC/C/15/Add.226, 54 及び55段落)。

 

 

“The Committee is concerned that the best interests of the child are not adequately taken into consideration in cases where foreign nationals who have children in Norway are permanently deported as a consequence of having committed a serious criminal offence…
“The Committee urges the State Party to ensure that the best interests of the child are a primary consideration in the decisions taken regarding deportation of their parents.” (Norway CRC/C/15/Add.263, paras. 21 and 22)

「委員会は、ノルウェーに子どもがいる外国籍の者が重大犯罪を行なった結果として恒久的に退去を強制される事案において、子どもの最善の利益が十分に考慮されていないことを憂慮する・・・
「委員会は、締約国に対し、親の退去強制に関わる決定において子どもの最善の利益が第一次的に考慮されることを確保するよう強く求める」(ノルウェーCRC/C/15/Add.263, 21 及び22段落)

 

 

“The Committee is deeply concerned that the existing quotas for persons entering the Hong Kong and Macau SARs [Special Administrative Regions] from the mainland and regulations regarding the right of abode in the SARs contribute to the separation of children from their parents and hinder family reunification.”
(China CRC/C/CHN/CO/2, para. 50)

「委員会は、香港及びマカオSAR[特別行政区]に本土から入域する人数の既存割当数ならびに、SAR内での居住権に関する規則が、子どもの親からの分離と家族再統合を妨げる一因となっていることに、深く憂慮する」(中国CRC/C/CHN/CO/2, 50段落)

 

 

Japan made a declaration on deportations, about which the Committee expressed concern: “The Government of Japan declares that paragraph 1 of article 9 of the Convention on the Rights of the Child be interpreted not to apply to a case where a child is separated from his or her parents as a result of deportation in accordance with its immigration law.” (CRC/C/2/Rev.8, p. 26; Japan CRC/C/15/Add.90, para. 6)

日本は、国外追放について宣言しており、これについて委員会は憂慮を表明している:「日本政府は子どもの権利条約第9条第1段落が、親がその移民法によって国外追放された結果として子どもが親から分離される場合には適用されないと解釈されるべきことを宣言する」(CRC/C/2/Rev.8, 26頁; 日本CRC/C/15/Add.90, 6段落)

 

 

Armed conflict.
The separation of parents and children may arise during armed conflict (article 38) or when they have become refugees (article 22). The consequences of civil war or economic breakdown can be devastating to the family unit.

武力紛争
 親子の分離は、武力紛争の間(38条)もしくは難民となったとき(22条)に発生することがあります。内戦や経済崩壊の帰結は、家族単位にとって甚大な被害をもたらすものです。

 

 

Sometimes the state government can do little about the upheavals caused by armed conflict, but if the reins of power are in its hands, it has clear obligations towards children, as the Committee informed Myanmar on its Initial Report:

 時として国の政府は、武力紛争によって生ずる大変動に対しほとんど何もできないかもしれませんが、権力の手綱を政府が握っているならば、委員会がミャンマーの最初の報告書について情報提供したように、政府は、子どもたちに対し明白な義務をもっています。

 

 

“While welcoming the recent peace agreements between the Government and a great majority of rebel armed groups in the country, the Committee strongly recommends the State Party to prevent any occurrence of forced relocation, displacement and other types of involuntary population movements which deeply affect families and the rights of children. The Committee also recommends that the State Party reinforce its central tracing agency to favour family reunification.” (Myanmar CRC/C/15/Add.69, para. 40)

「この国における、近年の政府と武装反乱グループの大部分との平和協定を歓迎しつつも、委員会は締約国に、家庭と子どもたちの権利に大きく影響する、強制移住、退去、その他不本意な人口移動のいかなる発生をも防止するよう強く勧告する。委員会は、締約国が家族再統合のための中央追跡機関を強化することも勧告する」(ミャンマー CRC/C/15/Add.69, 40段落)

 

 

On Myanmar’s Second Report the Committee continued to express deep concern about impact of war on family life, particularly the “disintegration” of families from ethnic minorities and the conscription of child soldiers by both sides
(Myanmar CRC/C/15/Add.237, paras. 42 and 66).

 ミャンマーの2回目の報告書において、委員会は戦争が家庭生活に与える影響、とりわけ少数民族家族の「解体」と両方の側からの少年兵の徴兵について深い憂慮を引き続き表明しました。(ミャンマー CRC/C/15/Add.237, 42 及び66段落).
   

 

 

Similar concerns were raised with Nepal, which was recommended
“… to undertake effective measures for the reunification of separated families, by implementing programmes for the reinforcement of existing structures such as the extended family…” (Nepal CRC/15/Add.261, para. 50)

同様の憂慮は、ネパールについても提起され、次のように勧告されました
「…分離された家族が再統合されるにあたって、大家族のような既存の構造を強化するためのプログラムを実行することによって、効果的な手段をとること…」(ネパール CRC/15/Add.261, 50段落)

 

 

Traditions or customs.
The separation of children and parents because of custom perhaps most commonly occurs when a child is conceived out of wedlock. In the past, many mothers might abandon such children or would be forced to give them up for adoption. This cultural pressure still persists in some parts of the world – for example, the Committee said to Sri Lanka: “... The Committee also encourages the authorities to give full support to mothers of children born out of wedlock wishing to keep their child.” (Sri Lanka CRC/C/15/Add.40, para. 34)

伝統と慣習
 慣習による親子の分離は、子どもが婚姻外で生まれた場合に最も一般的に起こります。過去に、多くの母親は、このような子供たちを遺棄するか、あるいは養子のために子どもたちを引き渡すことを強いられていたでしょう。 この文化的圧力は、まだ世界の若干の部分で持続しています - 例えば、委員会は、スリランカに次のように述べています:
「… 委員会は、当局に、自分の子供を維持することを望んでいる婚姻外で生まれた子どもたちの母親に、全面的な支援を与えるよう奨励する。」(スリランカ CRC/C/15/Add.40, 34段落)

 

 

Custom may also affect the decisions that have to be made about where children live and how much contact they have with the non-resident parent following parental separation. Such decisions ought to be determined solely in accordance with the child’s best interests but sometimes are subject to tradition or religious doctrine – for example that adulterous parents forfeit rights of access to children or that children must live with the paternal family upon the death of the father. Under articles 18 children have the right to be cared for by both parents, who share common responsibility for their upbringing, development and best interests. Decisions which automatically allocate these responsibilities are contrary to the Convention if they are made without reference to the needs and interests of the individual child concerned (see below, and article 18, page 235, for further discussion)

 習慣も、離婚の後に子どもたちがどこに住むか、そして子どもたちが一緒に住んでいない親とどれぐらいの接触を持つかについて決めなければならないことに影響を及ぼすかもしれません。 このような決定は、子どもの最善の利益に基づいてのみ決定されるべきですが、時として伝統あるいは信仰教義に従うことがあります - 例えば、不倫の親は、子どもたちとの面会交流の権利を失いますし、あるいは子どもたちは父親が死亡した場合に、父方の家族と一緒に住まなくてはなりません。18条の下では、子どもたちは、子どもの躾に対する共通の責任、発達と最善の利益を共有する両方の親に監護される権利を持っています。この責任を自動的に割り当てる決定が、関係する個々の子どもの必要と関心を参考にしないでなされるならば、それは条約に違反します(さらなる議論については、以下、そして18条、235頁参照)。

 

 

The child’s right to have any decision that separation from his or her parents is in his or her best interests to:
• be undertaken by competent authorities;
• be subject to judicial review;
• be in accordance with applicable law and procedures;
• give all interested parties the opportunity to participate and make their views known

子どもの親からの分離についてのいかなる決定も、次のようになされることが、子どもの最善の利益にかなっています:
権限ある当局によってなされること;
司法審査の適用を受けること;
適用可能な法律と手続どおりになされること;
すべての利害関係者に、その意見を知らせる機会が与えられること;

 

 

Removal of children from their parents without justification is one of the gravest violations of rights the State can perpetrate against children. At the same time, the State has a responsibility to protect children from parental harm. For this reason, the Convention requires that such actions be governed by clear and just procedures, as specified in article 9. The Committee is alert to States having too casual an approach to parent-child separation, for example, raising concerns with Lithuania about the large numbers of children removed from parental care, recommending

 正当性なく子どもたちを親から引き離すことは、国家が子どもたちに対して犯しうる最も重大な権利侵害の一つです。 同時に、国家は子どもたちを親の害から守る責任を持っています。 この理由から、条約は、このような行為が、第9条で特定されるとおり、明確かつ公正な手続によって管理されることを要求します。 委員会は、親子分離に関するあまりに不用意なアプローチについて国家に警告しています。例えば、大量の子どもたちが親の養護から切り離されているリトアニアについて、憂慮を示し、次のように勧告しています。

 

 

“… that the State Party take all possible measures, including establishment of precise criteria for the limitation of parental rights, in order adequately to protect parental rights and the parent-child relationship and thereby ensure that a child is not separated from his or her parents against their will except when competent authorities subject to judicial review determined, in accordance with applicable law and procedures, that such separation is necessary for the best interests of the child. The Committee also recommends that the State Party take all necessary measures to ensure that both parents and children are given an opportunity to participate in the proceedings and make their views known in accordance with article 9 of the Convention.” (Lithuania CRC/C/LTU/CO/2, para. 40)

 「締約国は、親権ならびに親子の関係を保護し、それによって子どもが、権限ある当局が司法審査によって、適用可能な法律と手続に従って、このような分離が子どもの最善の利益にかなうと決定する場合を除き、その親から親の意に反して切り離されないように、親権制限に関する厳密な基準の確立を含むあらゆる可能な手段をとるようにすること。委員会は、締約国が、条約9条に則って、親と子がともに法的手続に参加し、その見解を十分に知らせることができる機会を与えるため必要なあらゆる手段をとることをも勧告する。」(リトアニアCRC/C/LTU/CO/2, 40段落)

 

 

“Competent authorities”
The word “competent” relates to an authorized position rather than to ability; nonetheless such authorities must have skills to determine, on the basis of the evidence, what is in the child’s best interests. Such skills could be acquired through formal training (for example, in psychology, social work or children’s legal casework) or an equivalent weight of experience (for example, through being a community or religious arbitrator). The Committee was concerned about the situation in Saint Vincent and the Grenadines, where “only the police and not the social services have the authority to remove a child from a family situation in which the child is suffering abuse or neglect” noting that “this may add to the trauma suffered by the child.” It recommended that social services be given the necessary legal authority to remove children (Saint Vincent and the Grenadines CRC/C/15/Add.184, paras. 38 and 39). On the other hand, the Committee has expressed concern to other countries about the adequacy of social workers’ training and professional conduct, for example to Slovenia:

「権限ある当局」
 「権限」という言葉は、能力よりむしろ権限をもつ地位と関連づけたものですが、とはいえ、そのような権限は、証拠をもとにして、何が子どもの最善の利益であるか決定する技能を持っていなくてはなりません。 このような技能は、正式のトレーニングを通して(例えば、心理、ソーシャルワーク、あるいは少年法上のケースワーク)、あるいは、同等のウェイトを持つ経験(例えば、地域社会あるいは宗教的な仲裁人)によって獲得されることができるでしょう。委員会は、セントヴィンセント・グレナディーンの状況について憂慮しました。そこでは、「福祉サービスではなく、警察だけが、子どもが虐待あるいはネグレクトを経験している家族状況から子どもを切り離す権限を持って」おり、「これは子どもが蒙ったトラウマを増すかもしれない」と指摘しています。委員会は、社会サービスに、子どもを引き離すための法的権限を与えることを勧告しています(セントヴィンセント・グレナディーン CRC/C/15/Add.184 、38及び39段落)。 他方、委員会は、他の国々について、ソーシャルワーカーの訓練と専門的ふるまいが適切であるかどうかについて憂慮を表明しています。例えば、スロベニアに対して:

 

 

“The Committee appreciates the work and the role of Social Work Centres in providing administrative and other types of assistance to children and families, but is concerned at the lack of appropriate and effective measures to strengthen professional capacities of the staff of these centres, as well as the often lengthy procedures applied.” “The Committee recommends that the State Party take all necessary steps to provide ongoing training to the staff of Social Work Centres and provide for efficient administrative, legal and practical measures to ensure quality and efficiency of all activities of these institutions.” (Slovenia CRC/C/15/Add.230, paras. 30 and 31)

「委員会は、ソーシャルワークセンターが子どもたちと家族に対し行っている、行政的ならびにその他の支援業務と役割を評価するが、そのセンターの職員の専門能力を強化するための適切で効果的な手段が欠如していること、そして適用される長々しい手続について憂慮する」。
「委員会は、締約国が、ソーシャルワークセンターの職員に継続した訓練を提供し、これらの機関のすべての活動の質と効率を確保するため効率的な行政的・法的・そして実践的手段を提供するためあらゆる必要な措置をとることを勧告する。」 (スロベニア CRC/C/15/Add.230、30及び31段落)

 

 

The State should be able to demonstrate that the competent authorities are genuinely able to give paramount consideration to the child’s best interests, which presupposes a degree of flexibility in this decision-making. Any inflexible dogma defining “best interests”, for example stating that children ought to be with their fathers or mothers, should be regarded as potentially discriminatory and in breach of the Convention. It is true to say that article 6 of the Declaration of the Rights of the Child, the precursor of the Convention on the Rights of the Child, did make a statement in favour of keeping, save in exceptional circumstances, children of “tender years” with their mothers. However, this bias towards giving mothers custody young children, though common in many countries and an important protection in very patriarchal societies, does not find expression in the Convention. The Committee expressed this view to a number of Muslim countries who award custody of young children to mothers and older children to fathers, for example Pakistan:

 国家は、権限ある当局には子どもの最善の利益について卓越した考慮をすることが真に可能であることを明示すべきです。このことは、この意志決定における柔軟性の幅の存在を前提しています。例えば、「最善の利益」についてのいかなる融通がきかないドグマ、例えば子どもたちがその父親かあるいは母親と一緒であるべきであると述べることは、潜在的に差別的で、そして条約に違反しているとみなされるべきです。子どもの権利条約の前身である子どもの権利宣言第6条が、例外的な状況を別とすれば、子どもの「ひ弱な年齢」には子どもが母親と一緒にいたほうがいいと言う選択をしたのはたしかに事実です。 しかしながら、母親に幼い子どもたちの監護を与えるという偏見は、多くの国において一般的で、非常に家父長制の社会において重要な保護となるとしても、条約にそのような表現はありません。 委員会は、小児の養育権を母親に、もっと年がいった子供たちの養育権を父親に与えるという多くのイスラム教国について、この見解を表明しました。例えば、パキスタンについて:

 

 

“The Committee is concerned that the State Party’s legislation uses age limits, instead of the best interests of the child, as criteria in determining custody in cases of divorce. Such permission, in addition to implying that siblings can be separated, discriminates between the sexes and fails to acknowledge the child’s right to express her/his views and have them taken into account.” (Pakistan CRC/C/15/Add.217, para. 44)

「委員会は、締約国の法律が子供の最善の利益の代わりに、年齢制限を、離婚の事案で養育権を決定する基準として使っていることを憂慮する。 このような許可は、兄弟が引き離されうる含意をもつことに加えて、性差別であり、そして子どもがその意見を表明しそれが考慮に入れられる権利を認めていない。」 (パキスタン CRC/C/15/Add.217、44段落)

 

 

“Subject to judicial review”
The phrase carries with it expectations about the principles of natural justice and fair hearings. These principles include that:
• the judges or arbitrators have no personal interest in the case;
• they are as well informed as possible about all the circumstances of the case;
• they provide reasons for their rulings;
• all parties are heard; and
• all parties hear the evidence (if necessary through the provision of interpretation).

「司法の審査に従うこと」
 この句は、自然的正義の原理と公正な聴聞の原則についての期待を帯びたものです。これらの原理は、次のものを含んでいます:
裁判官あるいは仲裁人が事案に個人的権益を持っていないこと
裁判官あるいは仲裁人が、事案のすべての状況について可能な限り熟知していること;
裁判官あるいは仲裁人が、裁定の理由を提供すること;
すべての当事者が聴聞を受けること;そして
すべての当事者が(もし必要なら通訳の供与を通して)証拠を聞くこと。

 

 

While this part of article 9 was being drafted, country representatives repeatedly emphasized the need to expedite the judicial process so that the “separation period should be made as short as possible under national legislation” (E/1982/12/ Add.1, C, pp. 49 to 55; Detrick, p. 168). Although the need for speed is not explicitly mentioned in the article, it should be assumed to be a necessary component of any judicial review in order to secure compliance with article 8(2) (duty to “speedily” re-establish child’s identity, including family ties). The Committee noted “the very long duration of custodial disputes in Finland, which may have a negative impact on children” (Finland CRC/C/15/Add.272, para. 26).

 第9条のこの部分の草案が作られたとき、諸国の代表は繰り返し、司法手続きをできる限り早め、「国家の法の下で、分離されている期間を可能な限り短く」する必要を強調しました(E/1982/12/ Add.1, C, 49 から 55頁; デトリック, 168頁)。 速度の要請は明示的に条文で言及されていませんが、それは、第8条(2)(家族の絆を含め、「速やかに」子どもの身元を再確立する義務)の遵守を確保するため、いかなる司法審査においても必要な構成要素と考えられるべきです。委員会は、「子供たちに悪影響を与えるかもしれない、非常に長い期間にわたるフィンランドでの監護権紛争の期間」に留意しました(フィンランド CRC/C/15/Add.272、 26段落)。

 

 

The article makes no mention of privacy of the proceedings. However article 14(1) of the International Covenant on Civil and Political Rights provides that the public may be excluded from judicial hearings “when the interest of the private lives of the parties so requires” and that judgements of hearings should generally be made public “except where the interest of juvenile persons otherwise requires or the proceedings concern matrimonial disputes or the guardianship of children”. Article 3 of the Convention on the Rights of the Child, relating to the best interests of the child and article 16 (right to privacy) suggest an assumption that judicial hearings under article 9 should be held in private.

 この条文は、司法手続におけるプライバシーについて言及していません。しかしながら、市民的及び政治的権利に関する国際規約の第14条(1)は、「当事者の私生活の利益のため必要な場合」に、公衆は司法の聴聞から排除できることを規定し、そして聴聞の判決は、「少年の利益のために必要がある場合又は当該手続が夫婦間の争い若しくは児童の後見に関するものである場合を除くほか」公開する、と規定しています。 子どもの最善の利益に関連した子どもの権利条約第3条、そして第16条(プライバシーの権利)は、第9条の下における司法の聴聞が内密に行なわれるべきであるとの前提を示唆しています。

 

 

In addition rule 3(2) of the United Nations Standard Minimum Rules for the Administration of Juvenile Justice, the “Beijing Rules”, extends the Rules’ scope to care and welfare proceedings: “Efforts shall be made to extend the principles embodied in the Rules to all juveniles who are dealt with in welfare and care proceedings.” The “Beijing Rules” calls for fair hearings with sufficient flexibility to respond to the varying special needs of the children concerned, conducted “in an atmosphere of understanding”. The Rules stresses the need for privacy, speed, the child’s rights to representation and to the presence of parents, appeal procedures, powers to discontinue proceedings, good record keeping and research based policy.

 これに加えて、少年司法運営に関する国連最低基準規則(北京規則)の第3(2)条は、この規則の範囲を、養護と福祉の手続にも拡大しています: 「福祉およびケアの手続で取り扱われているすべての少年に対して、この規則で具体化されている原理を拡大するよう努力しなければならない」。この規則は、十分な柔軟性をもって公正な聴聞を「理解し易い雰囲気の下で」行うことを求めています。この規則は、プライバシー、速さ、子どもの代表行為ならびに親の出席の権利、上訴手続き、訴訟手続を中止する権力、善良な記録作成、そして調査に基づいた政策の必要を強調しています。

 

 

Some countries entered reservations to article 9 on the grounds that their social work authorities had powers to take children into care without a court hearing or judicial review. This is not compatible with the rights of the child. For example, the inclusion of care and welfare proceedings in the “Beijing Rules” stresses the point that removing children from their parents is as serious a step as depriving them of their liberty, and merits a fair hearing conducted under the rules of natural justice. The Committee has systematically encouraged the withdrawal of all such reservations. Not only should such hearings operate under due process, the courts should be specialized and well-funded, as the Committee recommended to Nicaragua:

 いくつかの国は、その国のソーシャルワーク当局が、法廷聴聞あるいは司法審査なしで子どもたちを養護に取り込む権力を有するという理由で、第9条について留保しました。これは子どもの権利と両立するものではありません。例えば、「北京規則」に養護と福祉手続が含まれていることは、子供たちをその親から引き剥がすことは子どもたちからその自由を奪うと同じ重大な措置であって、自然的正義の原則の下で公正な聴聞に値するという点を強調するものです。 委員会は、そのような留保をすべて撤回するよう、計画的に促してきました。 このような聴聞が、適正手続のもとでなされるべきであるだけでなく、委員会がニカラグアについて次のように勧告したとおり、裁判所は専門的で、そして十分な資金の裏付けをもつべきです:

 

 

“… that the State Party… establish specialized family courts with trained judges and other professionals involved, and ensure that family law practice is accessible to everybody and that family law procedures are conducted without undue delay.” (Nicaragua CRC/C/15/Add.265, para. 37)

「締約国…は、訓練された判事とその他の専門職が関与する専門的な家庭裁判所を設置し、家事法律業務にだれもがアクセスできるようにし、家事法律手続は、不当な遅れなく行なわれることを保証する」 (ニカラグア CRC/C/15/Add.265、37段落)。

 

 

And, expressing its deep concern to Lebanon
“… at the large number of children placed in institutions… without judicial procedure”
it recommended that the State Party “… take effective measures to implement fully the legislation relating to alternative care of children to ensure that a child is not separated from his or her parents against its will, except when competent authorities subject to judicial review and procedures determine that such separation is necessary for the best interests of the child.” (Lebanon CRC/C/15/Add.169, paras. 36 and 37)

 そして、レバノンに対し委員会は、「多数の子供たちが…が司法手続なしで…施設に措置されて」いる点について深い懸念を表明しつつ、
委員会は締約国に対し、「権限のある当局が司法審査と手続によって、この分離が子どもの最善の利益から必要であると決定するときを除いて、子どもがその意思に反してその親から分離されないことを保障する子どもたちの代替的養護に関する立法を行なうための効果的な策を講ずる」 (レバノン CRC/C/15/Add.169、36及び37段落)ことを勧告しました。

 

 

“In accordance with applicable law and procedures”
These words again stress the need for legislation governing any procedure where the child is separated from parents against their will, whether it is the State intervening to remove the child or one of the parents seeking custody of the child.

「適用のある法律及び手続に従い」
 この語は、再び、国家が子どもを引き離すため介入するか、両親のうちの一人が子どもの養育権を求めるかいずれかの場合に、子どもが親の意思に反して親から分離される場合のいかなる手続にも適用される立法の必要性を強調しています。

 

 

If, however, laws leave criteria for separation open to judicial discretion so that it is entirely up to the judge to decide what is in the best interests of the child, then the State must be satisfied that judges exercise this discretion objectively.

 しかしながらもし法律が、何が子供の最善の利益にあたるか決めることが完全に裁判官次第であるように親子分離の基準を司法裁量に開かれたままにしておくならば、国家は、裁判官が客観的にこの裁量を実行していることを納得していなければなりません。

 

 

“... all interested parties shall be given an opportunity to participate in the proceedings and make their views known”
 This aspect of a proper judicial review – the need to hear from all relevant parties – is given special emphasis within the Convention for good reasons. It reminds States that both parents must be heard, even when one parent has not had primary care of the child (for example in a case of child neglect by the child’s mother, even a non-resident father of the child should be given an opportunity to show he is able and willing to look after the child) or when one parent is out of the country. It also enables other “interested parties” to participate in the proceedings – for example members of the child’s extended family, or professionals with specialist knowledge of the child. “Interested parties” is undefined within the Convention, so that interpretation is left to domestic law or the judge of the case; however, it should be assumed that the widest possible interpretation is needed, since a sound decision on best interests of the child is dependent on having the fullest possible information.

「すべての関係当事者は、…その手続に参加しかつ自己の意見を述べる機会を有する」
 適切な司法審査のこの側面 - すべての適切な関係者から聴聞する必要 -は、条約のなかで、有効な理由を以て特別に強調されます。 条約は、国家に、親のうち一人が主として児童を養育していなかった(例えば子どもの母親がネグレクトした事案では、同居していない子どもの父親が、子供の世話をすることが可能で、そしてそれをいとわないことを示す機会を与えられるべきです)か、一人の親が国外にいるとしても、両親の双方が聴聞されなければならないことを思い起こすよう促しています。条約は、同じく、他の「利害関係者」が手続に参加する- 例えば子どもの大家族、あるいは子どもについて特別の知識を持った職業人- ことも可能にしています。「利害関係者」は条約の中では定義されていませんので、その解釈は、国内法あるいは事案の裁判官に委ねられます。しかしながら、子どもの最善の利益についてのしっかりした決定は、可能な限り完全な情報を持つことに依存しますから、可能な限り最も広い解釈が必要です。

 

 

The child, in particular, should not be forgotten. He or she is clearly the most “interested party” involved in the case. Article 12(2) provides that children specifically be given opportunities to be heard directly or through a representative “in any judicial and administrative proceedings affecting the child”. Proceedings under article 9 clearly affect the child. Article 12(2) does not specify when the child should be heard directly and when through a representative, but given the general right under 12(1) for children to “express those views freely in all matters affecting the child”, it should be assumed that wherever children wish to speak directly to the adjudicators, this should be arranged, but that, in addition, where children are not able to represent their views adequately (through incapacity or because they need an advocate in an adversarial system), appropriate arrangements should be made. However States must recognize that appointing a person to represent the child’s best interests is not the same as children being given “an opportunity to ... make their views known” (article 9(2)) or “to be heard” (article 12(2)). Professional opinion as to the child’s best interests may sometimes conflict with the child’s own view of what is best. In such circumstances, States are obliged under the Convention to ensure that the child’s views are also heard.

 特に、子どもは忘れられるべきではありません。子どもは、明らかに、事案に関与する最大の「利害関係者」だからです。12 (2) 条は、子どもがとりわけ、直接または代理人を通じて、「自己に影響を及ぼすあらゆる司法上及び行政上の手続において」聴聞の機会を与えられるべきことを定めています。第 9 条に基づく手続は、明らかに子供に影響を与えます。 12 (2) 条は、いつ子どもが直接聴聞されなければならないか、そしていつ代理人を通じてかを特定していませんが、12 (1)条 の一般的権利の下で「その児童に影響を及ぼすすべての事項について自由に自己の意見を表明する」ためには、子どもが審判官に直接相談したい時には、その取り計らいがなされなければならないと前提されるべきです。しかし、これに加えて、子どもたちが自分の意見を適切に表現することができない (その能力がないか、当事者がかかわるシステムにおいて弁護士が必要である)場合、その適切な手配をすべきです。ただし、国家は、子どもの最善の利益を代表する者を任命することは、子どもたちに「自己の意見を述べる機会」(9(2)条)または「聴取される」(12(2)条)ことと同じではないことを認識しなければなりません。子どもの最善の利益についての専門家の意見は、時に何が最善かについての子の見解と競合する可能性があります。このような状況において、国家は、条約の下で、子どもの意見も聞いていることを確保する義務があります。

 

 

The Committee congratulated Sweden on its “remarkable efforts” to ensure children’s views are heard, but nonetheless remained concerned that “some children and young persons do not feel they have any real influence in matters
concerning their life in society”. It recommended that Sweden

 委員会は、スウェーデンが、その子どもたちの意見を聞くことを確保するにおいて「顕著な努力」をしてきたことを祝福しましたが、それでもなお、「社会で自己の生活に関わる事柄についての真の影響力を何ら有していないと感じている子どもおよび若者がいる」ことについて、相変わらず憂慮しています。委員会はスウェーデンに、以下のように勧告しました:

 

 

“… Ensure that administrative or other decisions relevant to children contain information on how the views of the children were solicited, on the degree to which the views of children were adopted and why… [and] … consider providing children in very conflicting custody and visitation disputes with appropriate assistance.” (Sweden CRC/C/15/ Add.248, paras. 23 and 24)

「・・・子どもに関連する行政上その他の決定に、子どもの意見がどのように引き出され、子どもの意見がどの程度採択されたかおよびそれはどのような理由によるものかについての情報が記載されることを確保すること…[そして]…監護権および面接交渉権をめぐる、争いの非常に激しい紛争の当事者である子どもへの、適切な援助の提供を検討すること」(スウェーデン CRC/C/15/Add.248、23、24段落)

 

 

The Committee also expressed concern to Haiti
“… at the high number of children who are separated from their parents… [and] … at the fact that the views of the child are not taken into consideration when such decision is taken.” It recommended that “… child is given an opportunity to participate in the proceedings and that he or she can make his or her views known.” (Haiti CRC/C/15/ Add.202, paras. 38 and 39)

 委員会はまた、ハイチに対して、次のような点に憂慮を表明しました。
「....数多くの子どもたちが親から離されていること、…[そして]そのような決定がなされる時に子どもの見解が考慮に入れられないこと」。
委員会は、
「…子どもが法的手続に参加し、子どもがその見解を知らせることができるようにする」ことを勧告しました (ハイチ CRC/C/15/Add.202、38、39段落)。

 

 

States sometimes specify an age at which children themselves can determine decisions about custody and access (that is, residence and contact), usually with a caveat that the child’s decision can be overridden in exceptional circumstances if the child’s welfare might actively be harmed by his or her choice. The age appears to range from 7 to 16. Such provisions are not contrary to the Convention. However, provisions that specify an age at which the child’s views should be taken into account are questionable, since the expressed views of children of all ages should be considered under article 12 (see page 149).

 子どもたち自身が養育権や面会交流権についての決定(つまり、住居と、接触)についての意思を決定することができる年齢を特定している国家も、時としてあります。通常これには、子どもの意思決定は、子どもの福祉が子どもの選択によって積極的に損なわれるという例外的な状況においては停止できるという但書が伴っています。この年齢は、 7 から16の範囲にあるように思われます。このような規定は、条約に違反するものではありません。しかしながら、子どもの意見が考慮される年齢を特定する条項には、疑問があります。なぜなら、12条 (149 頁参照) の下では、すべての年齢の子供について、その表明された見解は考慮される必要があるからです。

 

 

The child’s right “to maintain personal relations and direct contact with both parents on a regular basis” unless contrary to best interests

児童の最善の利益に反する場合を除くほか、「父母の一方又は双方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係及び直接の接触を維持する」権利を尊重する。

 

 

This right reflects the principle of article 18 that “both parents have common responsibilities for the upbringing and development of the child” (see page 235). States vary as to the care they take in protecting this right of children. The Republic of Korea entered a reservation to article 9(3), but told the Committee that it was considering withdrawing the reservation (CRC/C/2/Rev.8, p. 36; Republic of Korea CRC/C/SR.276, para. 14). The Committee nonetheless informed the Republic of Korea that this reservation raised questions about its
“...compatibility with the principles and provisions of the Convention, including the principles of the best interests of the child and respect for the views of the child.“ (Republic of Korea CRC/C/15/Add.51, para. 8)

 この権利は、第 18 条の「児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有する」という原則を反映しています (235 頁参照)。この子どもの権利を保護するケアのやりかたは、国家により異なります。韓国は、 9 (3)条に留保していますが、委員会に、この留保の撤回を考慮していると述べました(CRC/C/2/Rev.8、36頁;韓国 CRC/C/SR.276 14頁)。にもかかわらず委員会は、韓国に対し、この留保が、「子どもの最善の利益ならびに子どもの見解を尊重する原則を含む、条約の原則と規定とのあいだの両立可能性」について疑問を引き起こしていると通知しました(大韓民国CRC/C/15/Add.51, 8段落)。

 

 

On its Second Report, the Republic of Korea was encouraged “… to expedite the process of reforming the Civil Act so that both children and parents are guaranteed the right to maintain contact with each other…” (Republic of Korea CRC/C/15/ Add.197, para. 10)

 その第二の報告書において、韓国は、「・・・民法改正作業を早めて、子どもと親の両方がお互いとの接触を維持する権利を保障する」ことを奨励されました (大韓民国CRC/C/15/Add.197、10段落)。

 

 

Too often, children lose the chance to maintain contact with the non-residential parent because of the needs of the residential parent (for example to live at a distance from the other parent) or because of the parents’ acrimonious relationship. The Committee raised its concerns in this respect with Antigua and Barbuda and with Liechtenstein:

 きわめて多くの場合に、子どもたちは、同居親の必要や両親の辛辣な関係のために、非同居親 (例えば、他の親から遠くに住むなど)と接触を維持する機会を失っています。委員会は、アンティグア ・ バーブーダならびにリヒテンシュタインに、この点で懸念を提起しました:

 

 

“The Committee is concerned that currently, no legal provisions exist to protect the right of a separated parent and/or child to remain in contact with each other. “The Committee recommends that the State Party review existing legislation to ensure adequate protection of the right of a separated parent and/or child, with due consideration given to the best interests of the child.” (Antigua and Barbuda CRC/C/15/Add.247, paras. 39 and 40)

「委員会は、分離された親と、ないしは子どもとが互いに接触を維持する権利を保護する法律上の規定が現在存在しないことを憂慮する。
「委員会は、分離した親と、ないしは子どもの権利の適切な保護を確保するために、締約国が、子供の最善の利益を考慮して既存の法律を見直すことを勧告する」"。(アンティグア ・ バーブーダ CRC/C/15/Add.247、39、40段落)。

 

 

“The Committee is concerned that the father of a child born out of wedlock has no standing to claim custody and that custody is automatically given to the mother… “The Committee recommends that the State Party amend its legislation to provide fathers the opportunity to request custody of their children born out of wedlock, where possible as a joint custody with the mother.” (Liechtenstein CRC/C/LIE/CO/2, paras. 18 and 19)

「委員会は、婚外子の父親が、養育権を主張する適格性がなく、養育権が自動的に母親に行くことに憂慮する・・・
「委員会は、締約国に、法律を改正し、父親に婚外子の養育権を要求し、可能な場合には母親と共同の養育権とする機会を提供することを勧告する」。(リヒテンシュタイン CRC/C/LIE/CO/2,18,19段落)。

 

 

Courts may correctly refuse to enforce access if this is likely to have adverse consequences for the child. But while legislation often decrees that the child’s best interests shall be paramount in such decisions, the law does not always make clear that these best interests are generally interpreted as meaning regular contact with both parents. Moreover, States could often put more resources into providing practical assistance to children whose parents are in conflict, for example by providing neutral meeting places or the supervision of access.

 裁判所は、もし親子の接触が子どものため不利な結果をもたらす可能性がある場合には、接触を正当に拒否するでしょう。しかし、親子の接触の決定をなすにあたり子どもの最善の利益が卓越していると法律はしばしば命令していますが、最善の利益とは両方の親と定期的に接触することを意味する、と一般に解釈されることを常に明確にしているわけではありません。さらに、国家は、例えば、中立的な会議の場所や面会交流の監督を提供するといった、紛糾しあっている親の子どもたちへの実務的な支援提供により多くの資源を注ぐこともできるはずです。

 

 

The right of family members, and specifically parents and children, to be given on request the essential information concerning the whereabouts of a parent or child who has been separated because of an action initiated by the State (for example, detention, imprisonment, exile or death from any cause in custody), unless the provision of information would be detrimental to the well-being of the child

家族構成員、とりわけ親と子が、締約国がとった行為(父母の一方若しくは双方又は児童の抑留、拘禁、追放、退去強制、その者が身体を拘束されている間に何らかの理由により生じた死亡)等のいずれかの措置に基づき、親子が分離されている場合に、当該締約国に要請し、父母、児童又は適当な場合には家族の他の構成員に対し、家族のうち不在となっている者の所在に関する重要な情報の提供を受ける権利。ただし、その情報の提供が児童の福祉を害する場合は、この限りでない。

 

 

A failure to ensure that parents are told where their children have been detained, or that children are told of the whereabouts of their parents, seems to be an obvious abuse of human rights and reflects international rules regarding the treatment of prisoners (see article 40, page 601). Circumstances in which provision of information would be detrimental to the child are likely to be rare and exceptional. The presumption should be that children will be more damaged by ignorance of their parents’ whereabouts (and equally, that imprisoned children will be more damaged by their parents not being told where they are) than by the discovery of the absent family member’s fate, however shocking. Oman has entered a reservation to this paragraph stating that “or to public safety” should be added to the words “unless the provision of information would be detrimental to the well-being of the child” (CRC/C/2/ Rev.8, p. 34). But even when States are troubled by extreme forms of terrorism, it is difficult to imagine how telling a child the whereabouts of his or her parent, or vice versa, could jeopardize public safety. The United Nations Rules for the Protection of Juveniles Deprived of their Liberty states that parents and relatives must be informed without delay of the fact of the child’s detention, reasons for it and other details.

 親がその子どもたちはどこに拘禁されているか教えられること、ないしは、子どもたちがその親の所在に関する重要な情報を教えらることを確保しないのは、人権の明白な乱用であると思われ、受刑者の扱いに関する国際規則(40条、601頁参照)を反映しています。情報の提供が子を害するような状況は稀であり、おそらく例外的でしょう。子どもたちがその親の所在について知らないこと(これと同様に、収監されている子どもたちが、その親に親がどこにいるか教えられないこと)のほうが、不在の家族構成員の運命がいかに衝撃的であってもそれがわかることよりも、子どもたちにより損害を与えると推定すべきです。オマーンは、この段落の「その情報の提供が児童の福祉を害する場合は、この限りでない」に、「または公共の安全」を追加すべきであると主張して、この段落に留保しています (CRC/C/2/Rev.8、 34頁)。しかし、国家が極端な形態のテロで悩まされている場合でも、子どもたちに親がどこにいるか、またはその逆を教えることが、公共の安全を危険にさらすと考えることは難かしいのです。自由を奪われた少年の保護のための国際連合規則は、その子どもの人身拘束の事実、その理由、その他の詳しい事実を、親と親戚に遅滞なく知らされなければならないことを述べています。

 

 

The wording refers only to “essential information concerning the whereabouts”, which might be insufficient information in some cases – certainly in the case of death. States should also ensure that family members are given essential information as to cause – why the person has been imprisoned, deported, died in custody and so forth – and other relevant details (for example when they can see the family member or what their legal rights are). The qualification that the information need only be provided “upon request” was specifically sought by some of the State representatives in the drafting group, although it is hard to see how the qualification enhances children’s rights (E/ CN.4/1983/62, pp. 4 to 8; Detrick, p. 175). Children and parents should clearly be informed about each other’s whereabouts (unless such information is detrimental to the child’s well-being) whether or not they have made a request for the information. The Committee made these points to the People’s Democratic Republic of Korea:

 この文言は、「所在に関する重要な情報」のみに言及しています。これは、ある場合には、不十分な情報かも知れません—死の場合には、もちろんです。国家は、家族構成員が、原因—なぜその人が収監・強制送還・拘禁のまま死亡・その他—したのかについて重要な情報を与えられることも確保すべきです。情報が「要請に応じ」提供される必要があるにすぎないとする限定が、いくつかの起草グループの政府代表によってとりたてて要求されましたが、この限定がどのように子どもたちの権利を強化するのか、判断は困難です。 (E/CN.4/1983/62, 4から8頁、デトリック、175頁)。子供と親は明らかに、その情報を要求したか否かに関わらず、互いの居場所について知らされなければなりません (そのような情報が子どもの福祉にとって有害でないならば)。委員会は、この点を、朝鮮民主主義共和国に対し指摘しました:

 

 

“The Committee is concerned at the information that the whereabouts of parents may not be provided to children if the parents have been sentence to reform through labour or have been punished by death for a crime. “The Committee recommends that the State Party take all necessary measures in line with article 9, paragraph 3, of the Convention to keep children informed about the whereabouts of their parents, and to fully implement their right to maintain personal relations and direct contact with both parents on a regular basis.” (People’s Democratic Republic of Korea, CRC/C/15/Add.239, paras. 42 and 43)

「委員会は、労働改造もしくは犯罪で死刑判決を受けた親の居所が子どもたちに提供されていないかもしれないという情報に懸念している。
「委員会は、締約国が、9条3段落にそって、子どもに、両親の居所についての情報を与え、定期的に両親と個人的関係および直接の接触を維持するという権利のすべてを実行することを勧告する」(朝鮮民主主義人民共和国、CRC/C/15/Add.239、42, 43段落)。

 

 

The right for requests for such information not to entail “adverse consequences for the person(s) concerned”

情報要請提出の権利が「関係者に悪影響」を及ぼさないこと。

 

 

This requirement must protect both the person seeking the information and the person to whom the information refers. Again, these are matters of human rights, only needing to be confirmed because of documented cases of abuse. One example where requests for information by the State might unwittingly entail adverse consequences is when inquiries are made about the relatives of children seeking asylum, causing unintended repercussions for those relatives.

 この要請は、情報を求めている人も、その情報の参照先となっている人も保護しなければなりません。これもまた人権の問題であり、濫用されていることが記録された事案によって確認されるべきものです。国家による情報の要請が無意識のうちにもたらしうる不都合な結果の一つの例として、亡命を求める子どもの親戚について問い合わせがなされるときで、この親戚に意図しない影響が及ぶことになります。