子供の権利条約

子供の権利条約コンメンタール「第37条 拷問、品位を傷つける取扱い、自由の剥奪」

ユニセフ・逐条解説書(水岡不二雄訳)


公開:2017年7月13日、更新:2017年7月14日

1. 子供の権利条約コンメンタールとは

 ユニセフが発行している「子供の権利条約コンメンタール」の「第37条 拷問、品位を傷つける取扱い、自由の剥奪」の英日対訳(抄訳)です。作成は、水岡不二雄氏です。児童相談所の保護、晃華学園事件に関する部分の抄訳です。重要部分を強調表示にしてあります。

 

 コンメンタールとは、逐条解説書、注釈書と言われるもので、条約の詳しい解釈、実際の適用例などをまとめたものです。日本国内でも、法律や条例の解釈として、所管官庁が作成する事があります。

2. 子供の権利条約コンメンタール「第37条 拷問、品位を傷つける取扱い、自由の剥奪」


 

Article 37  Torture, degrading treatment and deprivation of liberty

第37条 拷問、品位を傷つける取扱い、自由の剥奪

 


 

Text of Article 37

States Parties shall ensure that:

(b) No child shall be deprived of his or her liberty unlawfully or arbitrarily. The arrest, detention or imprisonment of a child shall be in conformity with the law and shall be used only as a measure of last resort and for the shortest appropriate period of time;

(c) Every child deprived of liberty shall be treated with humanity and respect for the inherent dignity of the human person, and in a manner which takes into account the needs of persons of his or her age. In particular, every child deprived of liberty shall be separated from adults unless it is considered in the child’s best interest not to do so and shall have the right to maintain contact with his or her family through correspondence and visits, save in exceptional circumstances;


第37条

 締約国は、次のことを確保する。

(b) いかなる児童も、不法に又は恣意的にその自由を奪われないこと。児童の逮捕、抑留又は拘禁は、法律に従って行うものとし、最後の解決手段として最も短い適当な期間のみ用いること。

(c) 自由を奪われたすべての児童は、人道的に、人間の固有の尊厳を尊重して、かつ、その年齢の者の必要を考慮した方法で取り扱われること。特に、自由を奪われたすべての児童は、成人とは分離されないことがその最善の利益であると認められない限り成人とは分離されるものとし、例外的な事情がある場合を除くほか、通信及び訪問を通じてその家族との接触を維持する権利を有すること。

 


Article 37 of the Convention on the Rights of the Child provides the child with the right to be protected from
• torture;
• other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment;
• capital punishment;
• life imprisonment without possibility of release;
• unlawful or arbitrary deprivation of liberty.

子どもの権利条約第 37 条は、子どもが、次のことから保護される権利をもつと規定しています
• 拷問;
• その他の残酷な非人間的なまたは品位を傷つける取扱いあるいは処罰;
• 死刑;
• 釈放の可能性のない終身刑;
自由の違法または恣意的な剥奪

 

 

The article sets out conditions for any arrest, detention or imprisonment of the child, which shall be
• in conformity with the law;
• used only as a measure of last resort; and
• for the shortest possible time.

条約は、子どもの逮捕、抑留又は収監する条件について、次のように条件を設けています
• 法律に依拠する
• 最後の手段としてのみ使用する
•  可能な限り最短の時間行なう

 

 

And the article sets out further conditions for the treatment of any child deprived of liberty:
• to be treated with humanity and respect for the inherent dignity of the human person;
• in a manner which takes into account the needs of persons of his or her age;
• to be separated from adults unless it is considered in the child’s best interest not to do so;
• to maintain contact with his or her family, through correspondence and visits, save in exceptional circumstances;
• to have the right to prompt access to legal and other appropriate assistance;
• to have the right to challenge the legality of the deprivation of liberty before a court or other competent, independent and impartial authority;
• to have the right to a prompt decision on such action.

この条文はさらに、自由を奪われたすべての子どもを扱う条件を設定しています:
人間性および人間の固有の尊厳の尊重をもって扱う
• 子どもの年齢の必要を考慮した方法で;
• 分離しないことが子どもの最善の利益である場合を除き、成人から分離する;
例外的な状況を除いては、通信と訪問を通じて、子どもの家族との接触を維持する
• 法的およびその他適切な援助へのアクセスを呼び出す権利を持つ;
• 自由の剥奪の合法性について、裁判所またはその他の有能な独立かつ公平な機関において争う権利を持つ;
• そのような行為について、迅速な意思決定への権利を持つ。

 

 

The Committee continues to advocate comprehensive reform of the juvenile justice system to most States whose reports it examines, citing articles 37, 39 and 40 and the United Nations rules and guidelines on juvenile justice. In 2007 it adopted General Comment No. 10 on “Children’s rights in Juvenile Justice” (CRC/C/GC/10).

委員会は、検討している報告書を提出したほとんどの国について、37, 39, 40条ならびに少年司法に関わる国連の規則とガイドラインを引用しつつ、少年司法制度の包括的な改革を提唱し続けています。2007 年には、「少年司法における子どもの権利」に関する一般的意見第 10 を採択しました (CRC/C/GC/10)。

 

 

The provisions in article 37 on protection from torture and cruel, inhuman or degrading treatment or punishment are absolute provisions, requiring the State to protect children wherever they are. The provisions relating to the restriction of liberty do not just cover children in trouble with the law (in many States restriction of the liberty of children is permitted for reasons not related to criminal offences – “welfare”, mental health and in relation to asylum seeking and immigration). Article 39 provides an obligation to promote the recovery and reintegration of child victims of torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment (see page 589).

拷問や残酷な非人間的もしくは品性を傷つける扱いまたは処罰からの保護に関する第37条は、子どもたちがどこにいてもそれを守るため国家に求められている絶対的規定です。自由の制限に関する規定は、法律の問題を起こした子供たちを守るだけのものではありません(多くの国家において、自由の制限は、刑法犯罪とは無関係な理由--「福祉」、精神保健ならびに亡命と移民の関連において許されています)。39条は、拷問やその他の残酷な非人間的または品性を傷つける処置または罰 を蒙った子どもの犠牲者の社会復帰を促進することを規定しています(589 ページ参照)。

 

 

United Nations rules and guidelines on juvenile justice
 
少年司法についての国連規則とガイドライン

The Committee, in its examination of States Parties’ reports and in other comments, has indicated that it regards the United Nations rules and guidelines relating to juvenile justice as providing relevant detailed standards for the implementation of article 37 (the United Nations Standard Minimum Rules for the Administration of Juvenile Justice, the “Beijing Rules” (referred to in the Preamble to the Convention); the United Nations Rules for the Protection of Juveniles Deprived of their Liberty; and the United Nations Guidelines for the Prevention of Juvenile Delinquency, the Riyadh Guidelines).

委員会は、締約国の報告の検討ならびに他の意見において、少年司法に関する国連規則とガイドラインが、37条を実行するために緊要で詳細な標準を提供するものとみなしています (少年司法運営に関する国連最低基準規則「北京規則」、(子どもの権利条約の前文にて参照されています)、自由を奪われた少年の保護のための国連規則、少年非行の防止に関する国連指針、リヤドガイドライン)。

 

 

The Committee has also referred to the Guidelines for Action on Children in the Criminal Justice System, prepared at an expert group meeting in Vienna in February 1997 (Economic and Social Council resolution 1997/30, Annex) and more recently to the Guidelines on Justice in Matters involving Child Victims and Witnesses of Crime (Economic and Social Council resolution 2005/20, 10 June 2005).

委員会は、ウィーンの専門家グループ会議で1997 年 2 月に作成された刑事司法制度における子どもに対する行動ガイドライン(経済・社会理事会決議、1997/30 付録) 、ならびにより最近では、子どもの被害者と犯罪の証人を伴う事項についての司法に関するガイドライン (経済・社会理事会決議 2005/20、2005 年 6 月 10 日)を参照してきました。

 

 

【以下、(a)項に関係する部分は略】

 

 

“No child shall be deprived of his or her liberty unlawfully or arbitrarily. The arrest, detention or imprisonment of a child shall be in conformity with the law and shall be used only as a measure of last resort and for the shortest appropriate period of time”

「いかなる児童も、不法に又は恣意的にその自由を奪われないこと。児童の逮捕、抑留又は拘禁は、法律に従って行うものとし、最後の解決手段として最も短い適当な期間のみ用いること。」

 

 

Article 37(b) of the Convention requires that any restriction of liberty of children, whether part of the juvenile justice system or otherwise, must not be arbitrary and must be authorized in legislation. The wording of paragraph (b), strongly reflected in the relevant United Nations rules and guidelines, emphasizes that restriction of liberty for under-18-year-olds should be exceptional – a last resort and always “for the shortest appropriate time”. The Committee reiterates this in its General Comment No. 10 on “Children’s rights in Juvenile Justice”.

条約の 37条(b)は、子どもの自由のいかなる制限も、少年司法制度の一部であろうともそれ以外の場合であろうとも、恣意的であってはならず、法律で正当と認められることを求めています。国連の規則とガイドラインを強く反映した(b) 項の文言は、18 歳以下の者への自由の制限は、例外的--最後の手段で、常に「最も短い適当な期間」--であるべきである、と強調しています。委員会は、「少年司法における子どもの権利」にその「少年司法における子どもの権利」についての一般的意見第 10 でこれを繰り返しています。

 

 

In its General Comment and in recommendations to individual States, the Committee highlights the need for a range of alternatives – diversions – to avoid restriction of liberty. For example, it recommended Canada, Benin, Latvia and Oman:

その一般的意見および個々の国家への勧告において、委員会は、自由の制限を回避するため、ある範囲の選択肢—代替案—をもつ必要性を強調しています。たとえば、カナダ、ベナン、ラトビア、オマーンに、次のように勧告しました:

 

 

“… To take the necessary measures (e.g. noncustodial alternatives and conditional release) to reduce considerably the number of children in detention and ensure that detention is only used as a measure of last resort and for the shortest possible period of time, and that children are always separated from adults in detention.” (Canada CRC/C/15/Add.215, para. 57(d))

「必要な措置 (例えば、拘束はしない代替の選択肢、そして条件付き拘束解除) をとり、拘禁される子どもの数を大幅に削減し、拘禁が、最後の解決手段として最も短い適当な期間のみ用いることを確認し、拘禁されている子供が常に大人から分離されることを確保すること」(カナダ CRC/C/15/Add.215、57(d)段落)。

 

 

“... Implement alternative measures to deprivation of liberty, such as probation, community service or suspended sentences, in order to ensure that persons below 18 are deprived of liberty only as a last resort and for the shortest appropriate period of time;…” (Benin CRC/C/BEN/CO/2, para. 76(d))

「... 18歳以下の者の自由を奪うのは、最後の解決手段として、最も短い適当な期間のみとすることを確保するため、保護観察、コミュニティ奉仕、執行猶予など、自由の剥奪に変わる代替的な手段を実行する...」(ベナン CRC/C/BEN/CO/2、76(d)段落) 。

 

 

「... Develop and implement alternatives to deprivation of liberty, including probation, mediation, community service or suspended sentences, and measures to effectively prevent and address drug- and/or alcohol-related delinquency.」 (Latvia CRC/C/LVA/CO/2, para. 62(d))
 
“... 保護観察、仲介、コミュニティ奉仕や執行猶予など、自由の剥奪への代替的選択肢、そして薬物ないしアルコールに関連した非行を効果的に防止し注意喚起する対応措置を作りだし実行する」(ラトビア CRC/C/LVA/CO/2、62(d)段落)。

 

 

“... Continue to develop and implement a comprehensive system of alternative measures to deprivation of liberty, such as probation, community service orders and suspended sentences, in order to ensure that deprivation of liberty is used only as a measure of last resort; Take the necessary measures, for example suspended sentencing and early release, to ensure that deprivation of liberty is limited to the shortest time possible;…” (Oman CRC/C/OMN/CO/2, para. 68(c) and (d))

「...自由の剥奪が最後の手段としてのみ使用されるようにするため、保護観察、コミュニティ奉仕の命令、執行猶予など、自由の剥奪への代替措置の包括的制度を作りだし実行することを引き続き行なうこと。自由の剥奪をできるだけ短い時間に限ることを確認するため、例えば執行猶予と早期の釈放のような必要な措置を取る...」(オマーン CRC/C/OMN/CO/2、68(c) および (d)段落)。

 

 

The Committee congratulated El Salvador on the establishment of a separate system of juvenile justice under the Juvenile Offenders Act of 1994, applicable to children below the age 18 and noted the positive provision

委員会は、 1994 年の少年犯罪者法の下で、18 歳以下の子どもたちに適用される少年司法の独立した制度を構築したことについてエルサルバドルを祝福し、その積極的な規定に留意しました。

 

 

 “... that juvenile courts are required to review the sentences imposed on minors every three months with a view to ensuring that the circumstances in which the sentence is being served are not affecting the process of reintegration of the child into society. The Committee is, however, concerned that the law is not adequately implemented in practice.” (El Salvador CRC/C/15/Add.232, para. 65)

「少年裁判所は、少年に下された判決について、課せられている判決が子どもの社会への再統合のプロセスに影響を及ぼしていないかどうか状況を確認する必要の観点から、3ヶ月毎に審査することを求められている。しかしながら委員会は、関係法律は実際に適切に実行されていないことに憂慮している」(エルサルバドル CRC/C/15/Add.232、65段落)。

 

 

In addition, in relation to the juvenile justice system, article 40 emphasizes the overall aim of promoting the child’s sense of dignity and worth and his or her reintegration, and the particular desirability of avoiding, when appropriate, resorting to judicial proceedings and of promoting alternatives to institutional care (see page 618).

さらに、少年司法制度に関連して、40条は、子どもの尊厳と価値についての意識を高め、子どもの再統合を促す全体的目的、ならびに適切な場合には、司法手続に頼ることを回避し、施設養護にかわる代替策を促すことがとりわけ望ましいことを強調しています(618 ページ参照)。

 

 

The “Beijing Rules” in rule 17 sets detailed “Guiding principles in adjudication and disposition”:
 “(b) Restrictions on the personal liberty of the juvenile shall be imposed only after careful consideration and shall be limited to the possible minimum.
(c) Deprivation of personal liberty shall not be imposed unless the juvenile is adjudicated of a serious act involving violence against another person or of persistence in committing other serious offences and unless there is no other appropriate response.
(d) The well-being of the juvenile shall be the guiding factor in the consideration of her or his case...”

北京規則17条は、詳細な「審判および処分の指導原理」を定めています:
「 (b) 少年の人身の自由に対する制限は、慎重な考慮を経なければ行うことができず、かつ、できるかぎり最小限度のものでなければならない。
(c) 人身の自由の剥奪は、少年が、他人に対する暴力を伴う重大な行為を行ったことまた はその他の重大な犯罪を繰り返すおそれがあることを認定した場合であって、かつ、他に 適切な方法がない場合でなければ、これを課してはならない。
(d) 少年の福祉は、その少年の事件を考慮するにあたって指導的な要素でなければならない。」

 

 

In relation to deprivation of liberty by official or public bodies, the Committee has adopted the definition of restriction of liberty in the United Nations Rules for the Protection of Juveniles Deprived of their Liberty: “The deprivation of liberty means any form of detention or imprisonment or the placement of a person in another public or private custodial setting from which this person is not permitted to leave at will by order of any judicial, administrative or other public authority” (see original Guidelines for Periodic Reports, para. 137, note).

公式または公共機関による自由の剥奪に関連して、委員会は、自由を奪われた 少年の保護のための国際連合規則における自由の制限の定義を採用してきました:「自由の剥奪とは、司法当局、行政当局又は他の公的機関の命令によるいずれかの形態の抑留若しくは刑務所収容又は人が勝手に離れることを許されない公的若しくは私的な保護管理状態にその者を置くことをいう」(定期報告書へのガイドライン原文、137段落、注を参照)。

 

 

Paragraph (1) of article 9 of the International Covenant on Civil and Political Rights states: “Everyone has the right to liberty and security of person. No one shall be subjected to arbitrary arrest or detention. No one shall be deprived of his liberty except on such grounds and in accordance with such procedures as are established by law.” In a General Comment, the Human Rights Committee points out “that paragraph 1 is applicable to all deprivations of liberty, whether in criminal cases or in other cases such as, for example, mental illness, vagrancy, drug addiction, educational purposes, immigration control, etc.” (Human Rights Committee, General Comment No. 8, 1982, HRI/GEN/1/Rev.8, para. 1, p. 169)

市民的及び政治的権利に関する国際規約9条の第(1)段落は、次のように述べています:「すべての者は、身体の自由及び安全についての権利を有する。何人も、恣意的に逮捕され又は抑留されない。何人も、法律で定める理由及び手続によらない限り、その自由を奪われない」。人権委員会は、その一般的意見の中で、「第1段落は、刑事事案であれ、例えば、精神疾患、浮浪、薬物中毒、教育目的、出入国管理などのような他の事案であれ、全ての自由の剥奪に適用される
 (人権委員会一般的意見 8 号、1982 年、HRI/GEN/1/Rev.8、1段落 169頁)。

 

 

During its examination of States Parties’ reports, the Committee on the Rights of the Child has found there are various routes, in various systems, to children’s liberty being restricted, in welfare, health, and immigration as well as penal systems.

締約国の報告を検討するあいだに、子どもの権利委員会は、刑事制度とならんで、出入国管理、医療、福祉において、子どもたちの自由が制限されるさまざまの道筋がさまざまの制度の中に存在することを発見してきました。

 

 

“Arrest”, “detention” and “imprisonment” have been defined in the Body of Principles for the Protection of All Persons under Any Form of Detention or Imprisonment: “arrest” is the act of “apprehending a person for the alleged commission of an offence”; “detention” is any deprivation of liberty, except as the result of a conviction for an offence; and “imprisonment” refers to deprivation of liberty arising from a conviction.

「逮捕」、「拘留」と「収監」は、あらゆる形態の抑留又は拘禁の下にあるすべて の者の保護のための諸原則において定義されています:「逮捕」とは「犯罪を犯した嫌疑がかかっている人物を拘束する」; 「拘留」は、法律違反のために有罪判決を受けた結果を除く、自由のあらゆる剥奪、「収監」は、有罪判決を受けた結果から生じる自由の剥奪を指します。

 

 

The United Nations General Assembly resolution adopting the United Nations Rules for the Protection of Juveniles Deprived of their Liberty (resolution 45/113, 14 December 1990, and Annex) notes that “juveniles deprived of their liberty are highly vulnerable to abuse, victimization and the violation of their rights”, and affirms that “the placement of a juvenile in an institution should always be a disposition of last resort and for the minimum necessary period”. Rule 2 states that “Deprivation of the liberty of a juvenile should be a disposition of last resort and for the minimum necessary period and should be limited to exceptional cases. The length of the sanction should be determined by the judicial authority, without precluding the possibility of his or her early release.”

自由を奪われた少年の保護のための国連規則を採択した国連総会決議 (決議 45/113、1990 年 12 月 14 日、及び付録)は、「自由を奪われた少年は、虐待、不当な差別、そして彼らの権利の侵害に対して非常に脆弱」であることに留意し、「施設に少年を措置することは、常に最終的処分であり、必要最小限の期間なされるべきである」ことを確認しています。2条は、「少年の自由の剥奪は、最後の手段としてとられる処置でかつ必要最小限の期間でなければならず、また、例外的場合に限られるべきである。制裁の期間は、早期釈放の可能性を排除することなしに、裁判所によって決定されるべきである」と述べています。

 

 

The United Nations Standard Minimum Rules for Non-custodial Measures (the Tokyo Rules) were adopted in 1990 to provide a set of basic principles to promote the use of non-custodial measures generally, as well as minimum safeguards for persons subject to alternatives to imprisonment. The Rules notes that there should be no discrimination in their application on grounds of age (rule 2.2).

国連社会内処遇のための標準最低規則 (東京規則)は、1990年に採択され、収監に代わる手段の対象者の最低保障、ならびに社会内処遇手段の使用を促進するためのひとまとまりの基本原則を提供しています。この規則は、その適用に関し、年齢を理由に差別すべきでないことに特に言及しています (規則 2.2)。

 

 

The Committee on the Rights of the Child has expressed concern at the use of the restriction of liberty for young children and has emphasized that a minimum age for any restriction of liberty should be defined in legislation. The Committee has expressed concern at the length of restriction of liberty of children on arrest and during investigation (pre-trial detention), as well as the length of sentences, both generally and in specific circumstances. It should be noted that article 37(d) provides the right to challenge the legality of any deprivation of liberty before a court or other appropriate body “and to a prompt decision on any such action”. General Comment No. 10 on “Children’s rights in Juvenile Justice” states that every child arrested and deprived of his/her liberty should be brought before a competent authority to examine the legality of the restriction of liberty within 24 hours, and that the legality should be reviewed regularly, preferably every two weeks (CRC/C/GC/10, para. 28b).

子どもの権利委員会は、小児の自由を制限することに憂慮を表明しており、自由のいかなる制限についてもその最低年齢を法律で定義すべきことを強調してきました。委員会は、一般的に、また特定の状況について、逮捕と、取調べ (公判前の拘留) における子どもたちの自由の制限の長さ、ならびに刑罰の長さに憂慮を表明してきました。37条(d)は、自由のいかなる剥奪の合法性についても、裁判所またはその他の適切な機関において争う権利、「並びにこれについての決定を速やかに受ける権利」を規定していることに留意すべきです。「少年司法における子どもの権利」に関する一般的意見 10 号は、逮捕され自由を剥奪されたすべての子供たちは、24 時間以内に、権限ある当局のもとでその自由剥奪の合法性の審査がなされるとともに、定期的に、できれば 2 週間ごとに、その合法性が見直されなければならない、と述べています (CRC/C/GC/10、 28 b段落)。

 

 

The Committee has noted the importance of registering all children deprived of their liberty, and the Guidelines for Periodic Reports (Revised 2005) asks for detailed disaggregated data in respect of the:
(a) Number of persons under 18 held in police stations or pre-trial detention after having been accused of committing a crime reported to the police, and the average length of their detention;
(b) Number of institutions specifically for persons under 18 alleged as, accused of, or recognized as having infringed the penal law;
(c) Number of persons under 18 in these institutions and average length of stay;
(d) Number of persons under 18 detained in institutions that are not specifically for children;
(e) Number and percentage of persons under 18 who have been found guilty of an offence by a court and have been sentenced to detention and the average length of their detention;
(f) Number of reported cases of abuse and maltreatment of persons under 18 occurring during their arrest and detention/imprisonment.” (CRC/C/58/Rev.1, Annex, para. 24)

委員会は、自由を剥奪されたすべての子供を登録することの重要性を指摘していますし、定期報告書ガイドライン (2005 年改訂)は、 以下の点に関し、詳細な分解されたデータを要求しています:
(a) 罪を犯したとして警察に通報された後、警察署で留置されまたは審判前勾留の対象とされた18歳未満の者の人数、および、その平均収容期間;
(b) 刑法に違反したとして申立てられ、罪を問われ、または認定された18歳未満の者をとくに対象とする施設の数;
(c) これらの施設に収容されている18歳未満の者の人数および平均収容期間
(d) とくに子どもを対象としたものではない施設に拘禁されている18歳未満の者の人数;
(e) 裁判所によって有罪と認定され、かつ拘禁刑を言い渡された18歳未満の者の人数および割合、ならびにその平均拘禁期間;
(f) 逮捕および拘禁/収監中に生じた18歳未満の者の虐待および不当な取扱いの報告件数」 (CRC/C/58/Rev.1、付録、24段落)

The Report of the United Nations Secretary General’s Study on Violence Against Children notes that “In particular, little data are available about violence within care and detention institutions in most parts of the world because, although incidents may be documented, most institutions are not required to register and disclose this information – even to the parents of the children concerned.” (Report of the independent expert for the United Nations study on violence against children, United Nations, General Assembly, sixty first session, August 2006, A/61/299, para. 27)

国連事務総長の、子供への暴力に関する調査報告は、「世界の大部分について養護と留置施設内暴力についてのデータはほとんど利用できなかった。なぜなら、事例が文書化されているとしても、ほとんどの施設はこの情報を—関係する子どもたちの親に対してすらも--登録し、開示することを求められていないからである」と留意しています(国連総会61会期、子どもへの暴力に関する国連研究のための独立専門家報告書、2006 年 8 月、 A/61/299、27段落)

 
Arrest, pre-trial detention
The Committee on the Rights of the Child has frequently expressed concern at the length of pre-trial detention permitted in States Parties. In its General Comment No. 10 on “Children’s rights in Juvenile Justice”, the Committee emphasizes that an effective package of alternatives to pre-trial detention must be available. Use of pre-trial detention as a form of punishment violates the presumption of innocence. The duration of pre-trial detention should be limited in law and subject to regular review. For example, the Committee recommended to Mongolia and Latvia:

逮捕、未決拘留
子どもの権利委員会は、頻繁に、締約国で許可されている未決拘留の長さに憂慮を表明しています。その一般的意見 10号「少年司法における子どもの権利」において、委員会は、未決拘留にとって代わる選択肢の有効なパッケージが利用できる必要を強調しています。未決拘留を罰の一形態として用いることは、無罪の推定に違反しています。未決拘留期間は、法律で限定されていなければならず、そして定期的に見直されなければなりません。たとえば、委員会は、モンゴル、ラトビアに次のように勧告しました:

 

 

 “... the State Party should in particular:… Limit by law the length of pre-trial detention of persons below 18 so that it is truly a measure of last resort for the shortest period of time, and ensure that it is decided by a judge as soon as possible and consequently reviewed;…” (Mongolia CRC/C/15/Add.264, para. 68(b))

「・・・締約国はとくに:・・・18歳未満の者の自由剥奪の期間を法律で制限し、18歳未満の者の未決勾留が真に最後の手段としてもっとも短い期間で用いられるよう、その期間を法律で制限するとともに、その決定が可能なかぎり早期に裁判官によって行なわれ、その結果審査されることを確保すること。」(モンゴルCRC/C/15/Add.264, 68(b)段落)

 

 

“… The Committee also recommends that the State Party undertake more specific measures in order to: (a) Ensure that juveniles in detention and pre-trial detention have access to legal aid and independent and effective complaints mechanisms, and have the opportunity to remain in regular contact with their families;
(b) Provide educational instruction for juveniles in detention and pre-trial detention, and significantly improve the living conditions in these facilities;
(c) Ensure that deprivation of liberty, including pre-trial detention, is used as a measure of last resort, and for the shortest time possible, as authorized by the court through strengthening of procedures to facilitate expedited processing in accordance with internationally accepted guarantees for the right to a fair trial;…” (Latvia CRC/C/LVA/CO/2, para. 62)

「・・・委員会は、以下のために、締約国がより特化した手段をとることをも勧告する: 
(a) 拘禁されまた未決勾留にある少年が、法律援助および独立して効果的な異議申立の機構にアクセスでき、かつその家族と定期的に接触できることを確保する; 
(b) 拘禁されまた未決勾留にある少年に教育指導を与え、またその設備を大幅に改善すること; 
(c)国際的に受け入れられている公正な裁判を受ける権利に即して、手続を早めるよう取り計らう訴訟手続きを強化することを通じて裁判所が正当と認めるところにより、未決勾留を含む自由の剥奪は最後の手段として用い、できる限り最短期間とすること...」(ラトビア CRC/C/LVA/CO/2、62段落)。

 

 

Unreasonable bail demands were a concern in the Philippines:
“… the Committee is concerned about unreasonable amounts requested for bail, which cause insurmountable financial obstacles for children and their parents, limitations as regards the suspension of sentences and poor detention conditions, including so-called secret cells...” (Philippines CRC/C/15/Add.259, para. 90)

フィリピンにおいては、不当な保釈金要求が憂慮されました:
「・・・委員会は、法外な額の保釈金が求められるために子どもおよびその親にとって克服不能な金銭的障害が生じていること、刑の執行猶予が制限されていること、および拘禁環境(いわゆる秘密房も含む)が劣悪であることを憂慮する。・・・」(フィリピン CRC/C/15/Add.259, 90段落)

The Committee was concerned about detention of children under terrorism legislation in Nepal:
“The Committee is also concerned about the reports of persons under 18 held under the Terrorist and Disruptive Activities (Control and Punishment) Ordinance which has no set minimum age and grants security forces wide powers to arrest and detain any person suspected of being associated with the armed groups, including children.”
It went on to recommend that the State should
“(a) Ensure that persons under 18 years are not held accountable, detained or prosecuted under anti-terrorism laws;… “The Committee recommends the State Party to amend or repeal the Terrorist and Disruptive Activities (Control and Punishment) Ordinance in the light of international juvenile justice standards and norms.” (Nepal CRC/C/15/Add.261, paras. 98 to 100)

委員会は、テロ立法のもとで子どもたちが拘禁されていることに関し、憂慮しました:
「委員会はまた、最低年齢を定めておらず、かつ、武装集団との関係が疑われるいかなる者(子どもを含む)でも逮捕しかつ拘禁する広範な権限を治安部隊に与えるテロ活動および破壊活動(統制および処罰)令に基づいて、18歳未満の者が収容されているという報告があることも憂慮する」。
委員会は、これに続けて、
締約国は「(a) 18歳未満の者が、反テロリズム法に基づいて責任を問われ、拘禁されまたは訴追されないことを確保すること;・・・
「委員会は、締約国が、少年司法に関する国際的な基準および規範に照らし、テロ活動および破壊活動(統制および処罰)令を改正しまたは廃止するよう勧告する」と勧告しました(ネパール CRC/C/15/Add.261, 98 から 100段落)。

 

 

In relation to the impact of emergency legislation in Northern Ireland, which is part of the United Kingdom, the Committee was concerned at the detention without charge of very young children for periods of up to seven days:
“... The Committee is concerned about the absence of effective safeguards to prevent the ill-treatment of children under the emergency legislation. In this connection, the Committee observes that under the same legislation it is possible to hold children as young as 10 for 7 days without charge. It is also noted that the emergency legislation which gives the police and army the power to stop, question and search people on the street has led to complaints of children being badly treated. The Committee is concerned about this situation which may lead to a lack of confidence in the system of investigation and action on such complaints.” (United Kingdom CRC/C/15/Add.34, para. 10)

英国の一部である北アイルランドの有事立法の影響との関連において、委員会は、極めて幼い小児が最大7日間、告訴なしに拘束されたことに憂慮しました:
「・・・委員会は、有事立法下における子どもの不当な取扱いを防止するための効果的な保護措置が存在しないことを憂慮する。これとの関係で、委員会は、同じ立法のもとで、10歳という幼い子どもを告訴なしで7日間拘束することが可能であることに留意する。また、路上の人を制止し、尋問しかつ捜索する権限が有事立法によって警察および軍隊に与えられていることが、子どもがひどい扱いを受けているという苦情につながってきたことも、留意される。委員会は、この状況が、そのような苦情に関する捜査および行為の制度への信頼を失わせることにつながるのではないかと憂慮する」(英国 CRC/C/15/Add.34, 10段落)。

 

 

It followed this up when it examined the United Kingdom’s Second Report:
“… The Committee remains concerned at the negative impact of the conflict in Northern Ireland on children, including in the use of emergency and other legislation in force in Northern Ireland. “The Committee recommends that the State Party:… In line with its previous recommendations …, review the emergency and other legislation, including in relation to the system of administration of juvenile justice, at present in operation in Northern Ireland to ensure its consistency with the principles and provisions of the Convention.” (United Kingdom CRC/C/15/Add.188, paras. 53 and 54(c))

委員会は、英国の2回目の報告書を検討した際、これについて追跡調査を行ないました:
「委員会は、北アイルランド紛争が子どもたちに及ぼす悪影響(北アイルランドで施行されている有事立法その他の法律の活用によるものも含む)について依然として懸念する。
「委員会は、締約国が以下の措置をとるよう勧告する:・・・前回の勧告に照らし、北アイルランドで現在運用されている有事立法その他の法律が条約の原則および規定と一致することを確保するため、少年司法の運営制度との関連も含めてこれらの法律の見直しを行なうこと」(英国CRC/C/15/Add.188, 53 及び54(c)段落)。

 

 

In relation to arrest, the Human Rights Committee states in its General Comment on article 9 of the International Covenant on Civil and Political Rights that “in criminal cases any person arrested or detained has to be brought ‘promptly’ before a judge or other officer authorized by law to exercise judicial power. More precise time limits are fixed by law in most States Parties and, in the view of the Committee, delays must not exceed a few days...” The Human Rights Committee goes on to state that “pre-trial detention should be an exception and as short as possible”. (Human Rights Committee, General Comment No. 8, 1982, HRI/GEN/1/Rev.8, paras. 2 and 3, p. 169)

逮捕に関連して人権委員会は、市民的及び政治的権利に関する国際規約9条への一般的意見において、次のように述べています。「刑事事案において、逮捕され、あるいは勾留されているどの者も、裁判官もしくは司法権をもつことが法により認可されている官吏の前に『迅速に』もち来たらされなければならない。より精密な時間制限は、ほとんどの締約国において法律によって固定されており、委員会の見るところ、遅延が数日を超えてはならない・・・」。人権委員会はさらに、「未決勾留は例外とされるべきで、可能な限り短くされるべき」であると述べています(人権委員会、一般的意見 8 号、1982 年、HRI/GEN/1/Rev.8、2 および 3段落、169頁)。

 

 

The “Beijing Rules” requires (rule 10(2)) that following the apprehension of a juvenile, “A judge or other competent official or body shall, without delay, consider the issue of release”. The Rules also states: “Detention pending trial shall be used only as a measure of last resort and for the shortest possible period of time. Whenever possible, detention pending trial shall be replaced by alternative measures, such as close supervision, intensive care or placement within a family or in an educational setting or home.” (Rule 13) The United Nations Rules for the Protection of Juveniles Deprived of their Liberty states that: “... Detention before trial shall be avoided to the extent possible and limited to exceptional circumstances. Therefore all efforts shall be made to apply alternative measures. When preventive detention is nevertheless used, juvenile courts and investigative bodies shall give the highest priority to the most expeditious processing of such cases to ensure the shortest possible duration of detention...” (Rule 17)

「北京規則」は、次のことを要求しています (10条(2))。 少年が逮捕された後で「裁判官や他の資格ある職員・機関は、遅滞なく、身柄を釈放することを考慮しなければならない」。規則はまた、「審判のための身柄拘束は最後の手段としてのみ使用され、かつ、その期間はできるだけ最小限度にとどめられなければならない。可能な場合にはいつでも、審判のための身柄拘束は、密接な監督、集中的なケアあるいは家庭や教育的施設への収容ないし自宅などの代替措置に置き換えられなければならない」(13条)。国連自由を奪われた少年の保護のための国際連合規則は、次のように述べています:「・・・審判前の抑留は、できるだけ避け、かつ、例外的状況に限らなければならない。それゆえ、代替措置を適用するために、あらゆる努力がなされなければならない。それにもかかわらず予防拘禁が使用される場合には、少年裁判所及び捜査機関は、拘禁期間をできる限り最も短くするために、そのような事件の最も迅速な処理を最優先させなければならない・・・」(17条)。

 

 

Imprisonment
In relation to sentences for criminal offences, the Committee has expressed concern at custodial sentences for young children and also at lengthy and indeterminate sentences:
“The Committee notes that the sanctions set forth in the legislation as regards juvenile offenders, especially in cases carrying the death penalty or life imprisonment, reduced respectively to life imprisonment or to 20 years imprisonment, are excessively high. Harsh sentences, as well as the occurrence of arbitrary detention of juveniles and the admittedly very difficult conditions of detention, are not in conformity with the provisions of articles 37 and 40 of the Convention.” (Burkina Faso CRC/C/15/Add.19, para. 11)

収監
刑事犯罪の判決に関連して、委員会は、小児の収監を伴う判決、そして長期のあるいは不定期間の刑について、次のように憂慮を表明してきました:
「委員会は、少年犯罪者に関して法で定められた、とりわけ死刑と終身刑の場合にそれをそれぞれ無期懲役と懲役 20 年に減刑するというのは、過度に重い制裁であることに留意する。苛酷な判決、恣意的な少年の留置の発生、そして一般の認めるところにおいて非常に困難な状態での留置は、条約37 および 40条の規定を遵守していない」(ブルキナファソの CRC/C/15/Add.19、11段落)。

 

 

Following examination of Burkina Faso’s Second Report, the Committee expressed more detailed concern:
“… the Committee is deeply concerned at the possibility that children of 16 and 17 years of age are treated like adults and can be subjected to the death penalty or life imprisonment, which is a serious violation of article 37 of the Convention; the failure to separate children from adults in jails (with the exception of the jails in Ouagadougou and Bobo Dioulasso); the poor conditions of detention; the frequent recourse to and excessive length of pre-trial detention (often because of the long time needed for inquiries); the absence of a formal obligation to inform parents about the detention; the possibility for children to appeal only through their parents; the very limited possibilities for the rehabilitation and reintegration of juveniles following judicial proceedings; and the sporadic training of judges, prosecutors and prison staff.”

ブルキナファソの第 2 回報告を検討したのち、委員会は、より詳細な憂慮を表明しました:
「... 委員会は 、16 歳以上 17 歳未満の子どもが大人のように扱われ、死刑または無期懲役にさらされうることが、条約第 37 条への重大な違反であることに深く憂慮する。(ワガドゥグーとボボ ・ ディウラッソ刑務所を除いて) 刑務所で大人から子供を分離していないこと、劣悪な拘禁状態、頻繁に用いられ長期間にわたる未決勾留(しばしば尋問に長い時間が必要とされることによる);親に勾留を知らせる公式な義務の欠如;子どもは控訴をその親を介してしかできないこと;少年司法手続に引き続き少年が社会復帰し社会統合されるに際しての非常に限られた可能性;そして裁判官、検察官および刑務所職員の訓練が散発的にしか行なわれていないこと」。

 

 

Among its recommendations was that Burkina Faso should
“… Consider deprivation of liberty only as a measure of last resort and for the shortest possible period of time, limit by law the length of pre-trial detention, and ensure that the lawfulness of this detention is reviewed by a judge without delay and regularly thereafter;… Amend legislation to allow children to appeal a decision without their parents;…” (Burkina Faso CRC/C/15/Add.193, paras. 60 and 62(c) and (e))

その勧告の中で、ブルキナファソは
「・・・自由の剥奪を最後の手段として、可能な限り最短期間とすること、未決勾留を法で制限すること、そしてこの勾留の合法性を遅滞なくかつそれ以後定期的に見直すことを考慮すべきであること;法律を改正し、子どもが、判決を親なしで控訴できるようにする...」(ブルキナファソ CRC/C/15/Add.193、60 及び62(c)及び (e)段落)べきであるとされた。

 

 

In relation to the United Kingdom, the Committee expressed concern at the introduction of “secure training orders” authorizing custody for 12- to 14-year-olds and other increases in custodial sentences: “... The Committee also recommends the introduction of careful monitoring of the new Criminal Justice and Public Order Act 1994 with a view to ensuring full respect for the Convention on the Rights of the Child. In particular, the provisions of the Act which allow for, inter alia, placement of secure training orders on children aged between 12 and 14, indeterminate detention, and the doubling of sentences which may be imposed on 15- to 17-year-old children should be reviewed with respect to their compatibility with the principles and provisions of the Convention.” (United Kingdom CRC/C/15/Add.34, para. 36)

英国に関して、委員会は、「拘束訓練命令」を導入し、12-14 歳児の拘禁を正当化するとともに、その他の拘禁刑が増大していることに憂慮を表明しました:
「・・・子どもの権利条約の全面的尊重を確保する目的で、新たな1994年刑事司法ならびに公共秩序法の注意深い監視を導入することも勧告する。とりわけ、12歳~14歳の子どもへの拘束訓練命令、不定期の拘禁、および15歳~17歳の子どもに対して科す刑を倍増しうることを認めた同法の規定は、条約の原則および規定との両立性との関わりで見直されるべきである」(英国CRC/C/15/Add.34、36段落)。

 

 

When it examined the United Kingdom’s Second Report, the Committee’s concerns had multiplied:
“The Committee is particularly concerned that since the State Party’s Initial Report, children between 12 and 14 years of age are now being deprived of their liberty. More generally, the Committee is deeply concerned at the increasing number of children who are being detained in custody at earlier ages for lesser offences and for longer sentences imposed as a result of the recently increased court powers to issue detention and restraining orders. The Committee is therefore concerned that deprivation of liberty is not being used only as a measure of last resort and for the shortest appropriate period of time, in violation of article 37(b) of the Convention…”

委員会が英国の第2回報告書を検討すると、委員会の憂慮は倍加しました: 
「委員会は、締約国の第1回報告書以降、12~14歳の子どもが自由を奪われるようになったことをとりわけ憂慮する。より一般的に、委員会は、拘禁命令および拘束命令を発令する裁判所の権限が最近になって強化された結果、より多くの子どもが、より低年齢で、より軽微な犯罪について、かつより長い刑期で拘禁されるようになっていることを深く憂慮する。したがって委員会は、自由の剥奪が、条約第37条(b)に違反して、最後の手段としてかつもっとも短い適当な期間でのみ用いられていないことを憂慮する。・・・」

 

 

Among the Committee’s recommendations was that the United Kingdom should:
“… Ensure that detention of children is used as a measure of last resort and for the shortest appropriate period of time and that children are separated from adults in detention, and encourage the use of alternative measures to the deprivation of liberty;…” (United Kingdom CRC/C/15/Add.188, paras. 59 and 62(e))

英国は、なかでも委員会の勧告において、:
「子どもの拘禁が最後の手段としてかつもっとも短い適当な期間でのみ用いられ、そして、子どもが拘禁時に成人から分離されることを確保するとともに、自由の剥奪に代わる措置の活用を奨励する」(英国CRC/C/15/Add.188, paras. 59 および62(e)段落)べきとされています。

 

 

The Report of the United Nations Secretary General’s Study on Violence Against Children recommends: “Detention should be reserved for child offenders who are assessed as posing a real danger to others, and significant resources should be invested in alternative arrangements, as well as community-based rehabilitation and reintegration programmes;…” (A/61/299, para. 112 (b))

子供に対する暴力に関する国連事務総長の研究報告書は、以下のように勧告しています:「拘禁は、他人を本当の危険にさらすと評価された少年犯罪者に限られるべきであり、相当量の資源が、代替的取り計らい、ならびに地域社会に基礎を置いた社会復帰と社会統合プログラムに投資されるべきである...」(A/61/299 112 (b)段落)。

 

 

Detention outside the juvenile justice system
The Committee emphasizes in its General Comment No. 10 on “Children’s rights in Juvenile Justice” that use of deprivation of liberty has very negative consequences for the child’s harmonious development and seriously hampers his/her reintegration in society. As indicated already, the Committee has pointed out that the provisions limiting restriction of liberty under article 37 apply to all instances of restriction of liberty, including, for example, in health and welfare institutions and in relation to asylum-seeking and refugee children. The limitations on restriction of liberty in paragraph (b) and the safeguards in paragraphs (c) and (d) must be applied equally to non-penal forms of detention, as must the standards set out in the relevant United Nations rules and guidelines. The Convention on the Rights of Persons with Disabilities, adopted in December 2006, requires:

少年司法制度外での拘禁
委員会は、その一般的意見 10号「少年司法における子どもの権利」において、自由の剥奪の使用が子どもの調和のとれた発達のため非常に否定的な結果を持ち、子どもの社会への再統合を深刻に妨げることを強調しています。既に示しているように、委員会は、第 37 条の下での自由の制限を制限する規定は、自由を制限するすべての事例に適用されるものであり、これには例えば、保健ならびに福祉施設、そして庇護を求め、また難民の子どもたちに関係するものを含みます。自由の制限 (b) 項ならびに、それへの安全装置に関わる(c)ならびに(d)項は、これに関連する国連の規則やガイドラインに示された標準と同じように、刑事ではない形態の拘禁にも等しく適用されなければならないものです。2006 年 12 月に採択された障碍者の権利に関する条約は、以下のことを要求しています:

 

 

 “1. States Parties shall ensure that persons with disabilities, on an equal basis with others:
(a) Enjoy the right to liberty and security of person;
(b) Are not deprived of their liberty unlawfully or arbitrarily, and that any deprivation of liberty is in conformity with the law, and that the existence of a disability shall in no case justify a deprivation of liberty.
“2. States Parties shall ensure that if persons with disabilities are deprived of their liberty through any process, they are, on an equal basis with others, entitled to guarantees in accordance with international human rights law and shall be treated in compliance with the objectives and principles of this Convention, including by provision of reasonable accommodation.” (Article 14)

「1 締約国は、障碍者に対し、他の者との平等を基礎として、次のことを確保する。
(a) 身体の自由及び安全についての権利を享有すること。
(b) 不法に又は恣意的に自由を奪われないこと、いかなる自由の剥奪も法律に従って行われること及びいかなる場合においても自由の剥奪が障碍の存在によって正当化されないこと。
「2 締約国は、障碍者がいずれの手続を通じて自由を奪われた場合であっても、当該障碍者が、他の者との平等を基礎として国際人権法による保障を受ける権利を有すること、並びに、合理的配慮の提供によるものを含み、この条約の目的及び原則に従って取り扱われることを確保する(14条)。

 

 

In its General Comment No. 9 on “The rights of children with disabilities”, the Committee on the Rights of the Child reiterates that States should take where necessary specific measures to ensure that children with disabilities are protected by and benefit from all the rights provided in the Convention on the Rights of the Child (CRC/C/ GC/9, paras. 73 and 74).

一般的意見 9 号「障碍のある子どもの権利」において、子どもの権利委員会は、改めて国家が、障碍をもつ子どもたちに対し、必要な場合に、子どもの権利条約が提供するすべての権利による恩恵により護られることを確保するための特定の手段を講ずることを繰り返しています(CRC/C/GC/9、73 及び 74段落)。

 

 

Detention of children in relation to asylum seeking and immigration.
The Committee’s General Comment on “Treatment of unaccompanied and separated children outside their country of origin” states that their unaccompanied or migratory status cannot be a justification for detaining these children:

亡命を求める、あるいは移民に関連する子供たちの拘禁
委員会の「出身国外にあって保護者のいない子どもおよび養育者から分離された子どもの取扱い」についての一般的意見は、保護者がいないか、あるいは移民状態であることを以て、これらの子供たちを拘禁することを正当化できないと述べています:

 

 

 “In application of article 37 of the Convention and the principle of the best interests of the child, unaccompanied or separated children should not, as a general rule, be detained. Detention cannot be justified solely on the basis of the child being unaccompanied or separated, or on their migratory or residence status, or lack thereof. Where detention is exceptionally justified for other reasons, it shall be conducted in accordance with article 37(b) of the Convention that requires detention to conform to the law of the relevant country and only to be used as a measure of last resort and for the shortest appropriate period of time. In consequence, all efforts, including acceleration of relevant processes, should be made to allow for the immediate release of unaccompanied or separated children from detention and their placement in other forms of appropriate accommodation.
“In addition to national requirements, international obligations constitute part of the law governing detention. With regard to asylum-seeking, unaccompanied and separated children, States must, in particular, respect their obligations deriving from article 31(1) of the 1951 Refugee Convention. States should further take into account that illegal entry into or stay in a country by an unaccompanied or separated child may also be justified according to general principles of law, where such entry or stay is the only way of preventing a violation of the fundamental human rights of the child. More generally, in developing policies on unaccompanied or separated children, including those who are victims of trafficking and exploitation, States should ensure that such children are not criminalized solely for reasons of illegal entry or presence in the country.
“In the exceptional case of detention, conditions of detention must be governed by the best interests of the child and pay full respect to article 37(a) and (c) of the Convention and other international obligations. Special arrangements must be made for living quarters that are suitable for children and that separate them from adults, unless it is considered in the child’s best interests not to do so. Indeed, the underlying approach to such a programme should be ‘care’ and not ‘detention’. Facilities should not be located in isolated areas where culturally appropriate community resources and access to legal aid are unavailable. Children should have the opportunity to make regular contact and receive visits from friends, relatives, religious, social and legal counsel and their guardian. They should also be provided with the opportunity to receive all basic necessities as well as appropriate medical treatment and psychological counselling where necessary. During their period in detention, children have the right to education which ought, ideally, take place outside the detention premises in order to facilitate the continuance of their education upon release. They also have the right to recreation and play as provided for in article 31 of the Convention. In order to effectively secure the rights provided by article 37(d) of the Convention, unaccompanied or separated children deprived of their liberty shall be provided with prompt and free access to legal and other appropriate assistance, including the assignment of a legal representative.” (Committee on the Rights of the Child, General Comment No. 6, 2005, CRC/GC/2005/6, paras. 61 to 63)

「条約第37条および子どもの最善の利益の原則を適用することにより、保護者のいない子どもまたは養育者から分離された子どもは拘禁されるべきではないというのが一般的原則である。拘禁は、子どもに保護者がいないかもしくは養育者から分離された状態にあること、ないしはその移住者としての資格もしくは在留資格またはその欠缺のみを理由として、正当化することはできない。その他の理由により拘禁が例外的に正当と認められるときは、拘禁が関連国の法律にしたがって行なわれ、また最後の手段としてかつもっとも短い適当な期間でのみ用いられることを求めた条約第37条(b)にしたがって行なわれる必要がある。したがって、保護者のいない子どもまたは養育者から分離された子どもを拘禁からただちに解放して他の形態の適切な居住先に措置できるよう、関連の手続の迅速化を含むあらゆる努力が行なわれるべきである。
「国内法上の要件に加えて、国際的義務も拘禁を規律する法律の一部をなす。庇護希望者である子ども、保護者のいない子どもおよび養育者から分離された子どもに関して、国家はとくに1951年難民条約31条1項から派生する自国の義務を尊重しなければならない。国家はさらに、保護者のいない子どもまたは養育者から分離された子どもが国に不法に入国または滞在することは、そのような入国または滞在がその子どもの基本的人権の侵害を防止する唯一の方法である場合、法の一般原則にしたがって正当化される場合があることも考慮に入れるべきである。より一般的には、人身取引および搾取の被害を受けた子どもを含む保護者のいない子どもまたは養育者から分離された子どもに関する政策を策定するにあたり、国家は、そのような子どもが不法な入国または滞在のみを理由として犯罪者とされることがないことを確保するよう求められる。
「例外的に拘禁が行なわれる場合、拘禁の環境は子どもの最善の利益によって規律され、かつ条約第37条(a)および(c)ならびにその他の国際法上の義務が全面的に尊重されなければならない。子どもにふさわしく、かつ子どもが成人から分離される生活区画が特別に用意しないことが子どもの最善の利益にかなうのでないかぎり、それが用意されなければならない。このようなプログラムの基調をなすアプローチは、「拘禁」ではなく「養護」であるべきである。施設は、文化的に適切なコミュニティ資源および法的援助へのアクセスが利用できない孤立した地域に設けられるべきではない。子どもには、友人、親族、宗教的・社会的および法的助言者ならびに保護者と定期的に接触し、かつこれらの人々による訪問を受ける機会が保障されるべきである。また、基本的必要を満たすためのあらゆる便益、ならびに必要な場合には適切な治療および心理カウンセリングを受ける機会も保障されるべきである。拘禁期間中も子どもは教育に対する権利を有するのであって、このような教育は、理想的には、釈放後の教育の継続を促進するために拘禁施設外で行なわれなければならない。子どもはまた、条約第31条で定められているようにレクリエーションおよび遊びに対する権利も有する。条約第37条(d)が定める権利を効果的に保障するため、保護者のいない子どもまたは養育者から分離された子どもが自由を奪われたときには、法的その他の適切な援助に対する、法定代理人の任命を含む迅速かつ無償のアクセスが提供されなければならない」(子どもの権利委員会, 一般的意見6号, 2005, CRC/GC/2005/6, 61 から 63段落)。

 

 

The policy of the Office of the United Nations High Commissioner for Refugees is that refugee children should not be detained. The UNHCR Refugee Children – Guidelines on Protection and Care states:
“Unfortunately, refugee children are sometimes detained or threatened with detention because of their own, or their parents’, illegal entry into a country of asylum. Because detention can be very harmful to refugee children, it must be ‘used only as a measure of last resort and for the shortest appropriate period of time’”. The Guidelines emphasizes the need for special arrangements: “Strong efforts must be made to have them released from detention and placed in other accommodation. Families must be kept together at all times, which includes their stay in detention as well as being released together.” Detention must be in conformity with the State’s law, and “a distinction must be made between refugees/asylum seekers and other aliens”. International standards including those of the Convention and the relevant United Nations rules must be complied with (Refugee Children – Guidelines on Protection and Care, UNHCR, Geneva, 1994, pp. 86 to 88). UNHCR Executive Conclusion No.44 (1986) discusses the limited circumstances in which asylum seekers can be detained and sets out basic standards for their treatment.

国連難民高等弁務官事務所の政策は、難民の子供たちは拘禁すべきでないというものです。UNHCR の、『難民の子ども:保護及びケアに関するガイドライン』は、次のように述べています:
「残念なことに、難民の子どもたちは、その親もしくは自分自身が非合法で亡命先の国に入国したため、拘禁されるか、拘禁すると脅されている。拘禁は、難民の子どもたちに非常に有害でありうるので、『最後の手段として、そして最短の適切な期間にのみ』使用しなければならない」。『ガイドライン』は、特別な取り計らいの必要性を強調しています:「その子どもたちを拘禁から解放し、それ以外の宿泊所に置くため、強力な努力がなされねばならない。家族は、拘禁所に滞在する場合も解放される場合も、すべての場合に一緒にしておかなければならない」。拘禁は、国家の法律に適合する必要があり、「難民・庇護希望者と他の外国人は区別を行う必要がある」。[子どもの権利]条約及び関連する国連規則が遵守されなければなりません(難民の子供たち—その保護とケア、UNHCR、ジュネーブ、ガイドライン 1994 年、86から88頁)。UNHCR 執行委員会結論 44号 (1986)は、亡命を求める人々を拘禁できる限られた状況について説明し、それを扱う基本的な基準を設定しています。

 

 

The UNHCR Policy on Refugee Children requires UNHCR staff to specifically pursue the protection of refugee children at risk of detention (UNHCR Policy on Refugee Children, UNHCR Executive Committee, 6 August 1993, EC/ SCP/82, para. 27).

難民の子どもたちに関する UNHCR 政策は、UNHCR スタッフに、とりわけ、難民の子どもたちが拘禁されるかもしれないという危険を冒して保護を追求するよう求めています (UNHCR の難民の子どもたちについての政策、UNHCR 執行委員会、1993 年 8 月 6 日、EC/SCP/82、27 段落)。

 

 

The Committee on the Rights of the Child has expressed concern at detention affecting refugee and asylum-seeking children and aliens. For example:
“Notwithstanding the 1997 Alien’s Act requirement to use ‘more lenient means when minors are involved’, the Committee is seriously concerned about legislation which permits the detention of asylum-seeking children pending deportation. The Committee urges the State Party to reconsider the practice of detaining asylum-seeking children, and that such children be treated in accordance with the best interests of the child and in the light of the provisions of articles 20 and 22 of the Convention.” (Austria CRC/C/15/Add.98, para. 27)

子どもの権利委員会は、難民と亡命を求める子供と外国人に影響を与える拘禁に憂慮を表明してきました。たとえば:
「1997年の外国人法が、『未成年者が含まれるときにより寛大な手段』を使用することを要件としているにも拘らず、委員会は、亡命を求めているが強制送還が未決となっている子どもたちの拘禁を許可する法律について、真剣な憂慮を示す。委員会は、締約国に、亡命を求める子供を拘禁するやり方を再考し、そのような子どもたちが、条約20及び 22 条の規定に照らして、子どもの最善の利益に従って扱われるよう、強く求める」(オーストリア CRC/C/15/Add.98、27 段落)

 

 

When it examined Austria’s Second Report, the Committee recommended that the State should:
“… fully take into account the principle of the best interests of the child when deciding on the deportation of unaccompanied and separated asylum-seeking children and to avoid their placement in custody pending deportation.” (Austria CRC/C/15/Add.251, para. 48)

オーストリアの 2回目の報告を検討したとき、委員会は、国家に次のような勧告を行ないました:
「... 保護者のいない、分離された亡命を求める子どもたちの強制送還を決定するとき、強制送還が未決であることによる拘禁を避けるため、子どもの最善の利益を十全に考慮」 (オーストリア CRC/C/15/Add.251、48段落)すべきです。

 

 

“The Committee is deeply concerned at severe violations of the rights to freedom of movement and to choose one’s residence in the context of the State Party’s regroupment policy. The Committee is concerned further by the large number of children in regroupment camps and the extremely poor conditions in which they have to live, constituting, in many cases, cruel, inhuman and degrading treatment and violating numerous minimum standards with respect to children’s rights. “The Committee urges the State Party to complete, without further delay, the process of closing the regroupment camps and, pending closure, to guarantee respect of all the civil rights and freedoms of children and their families living in such camps.” (Burundi CRC/C/15/Add.133, paras. 38 and 39)

「委員会は、締約国の強制収容政策の脈絡において、個人の移動の自由と居住選択の権利に対する重大な違反がなされていることに深い憂慮を示す。委員会はさらに、強制収容キャンプに多数の子どもたちがいて極度に貧困な状況で生活していること、そして、多くの場合に、残酷、非人間的、そして品性を傷つける扱いと、子どもたちの権利に関する多くの最低基準に違反していることに憂慮する。
「委員会は締約国に、これ以上の遅滞なく、強制収容キャンプを閉鎖する過程を完了し、その閉鎖のときまでは、そのようなキャンプに居住する子どもたちとその家族のすべてに市民的権利と自由の尊重を保障するよう強く求める」。(ブルンジ、CRC/C/15/Add.133、38および39段落)。

 

 

Deprivation of liberty of children in need of protection
The Committee has noted that it does not accept that deprivation of liberty should be used for children in need of protection. Chile’s Initial Report indicates that “children under the age of 18 who have been abandoned, ill-treated and/or present behavioural problems, may be deprived of their liberty or have their liberty restricted”, initially in a centre for observation and diagnosis and subsequently, when a juvenile magistrate decides to apply a protective measure, which can include internment in specialized educational establishments The Initial Report notes that while the State has no right to impose penalties on children regarded as not responsible for criminal actions, “the correctional and rehabilitation measures which may be applied by the juvenile judge can extend to custodial measures which in fact are felt by the minor to be a penalty” (Chile CRC/C/3/ Add.18, paras. 54 and 236). During discussion, a Committee member stated: “Deprivation of liberty was unacceptable in the case of children in need of protection because they had been abandoned or subjected to ill-treatment. Such children had committed no offence against the law... To deprive children of 16 or 17 years of age of their liberty for 15 days or more while awaiting a decision on their capacity for discernment, could affect them adversely and was contrary to the provisions of article 37 of the Convention, especially as it seemed that such detention could take place among convicted offenders.” Another Committee member noted that “if children in need of protection were placed in a position where they were deprived of their liberty, they were in fact being deprived of the protection of the law.” (Chile CRC/C/SR.148, paras. 34, 35 and 38). When the Committee examined Chile’s Second Report, it reiterated its concern

保護が必要な子どもたちの自由の剥奪
委員会は、保護が必要な子どもたちに、自由の剥奪を用いるべきことは受け入れられないと留意してきました。チリの最初のレポートは、「放棄され、虐待され、ないしは行動上の問題を示した18歳以下の子どもたちは、自由を奪われ、あるいはその自由が制限される」ことを示しています。最初は、観察および診断センターにおいて、そしてこれに続き、少年裁判所が、保護措置をとると決定した時は、特殊教育施設への強制収容を含みます。初回の報告書には、国家には、刑事行為に責任のない子どもたちに罰を課す権利がない、と注記があったものの、「少年裁判所裁判官によって適用される可能性がある矯正ならびに社会復帰対策は、未成年者に罰と事実感じられている保護措置まで広がりうる」(チリ CRC/C/3/Add.18、54 および 236段落)。議論のなかで、ある委員会委員が次のように述べました:「放棄され、あるいは虐待されてきたから保護が必要である子どもたちの場合に、自由の剥奪は受け入れられない。このような子どもたちは、法律違反を犯したわけではない…。16 ないし17 歳の子どもから、その洞察能力についての決定を待つため自由を15 日間 ないしそれ以上奪うことは、とりわけこの拘禁が、有罪と決定された犯罪者と一緒のところでなされるようにみえたところからすれば、子どもたちに悪影響が及び得たし、条約 37 条の規定に反していた。」別の委員会委員は、「保護の必要な子どもたちが、自由が奪われる地位に置かれたとしたならば、それは、事実上、法の保護を奪われたことになる」(チリ CRC/C/SR.148、34、35および38段落)ことを留意した。
チリの2回目の報告書を委員会が検討した際、その憂慮は繰り返されました。

 

 

“... that the Juvenile Act of 1967, based on the doctrine of ‘irregular situation’, which does not make a clear distinction, in terms of judicial procedures and treatment, between children in need of care and protection and those in conflict with the law, is still in force. It also notes with concern that detention is not used as a last resort, especially in the case of children who are poor and socially disadvantaged, and that often children are detained in detention centres for adults…”
The Committee recommended that Chile should:
“Continue reviewing laws and practices regarding the juvenile justice system in order to bring it as soon as possible into full compliance with the Convention, in particular articles 37, 40 and 39, as well as with other relevant international standards in this area, such as the United Nations Standard Minimum Rules for the Administration of Juvenile Justice (the Beijing Rules) and the United Nations Guidelines for the Prevention of Juvenile Delinquency (the Riyadh Guidelines).” (Chile CRC/C/15/Add.173, paras. 53 and 54)

「... 司法手続とその取扱いにおいて、養護を必要としている子どもたちと法に抵触した子どもたちとの明確な弁別を行なっていない『異常な状況』の教義に基づく1967 年の少年法が、いまだ効力をもっている。委員会はまた、拘禁が、とりわけ貧困で社会的に不利な状況にある子どもたちの場合に、最後の手段として使用されず、子どもたちは、大人たちのために、拘留所に勾留されていることに、憂慮を抱きつつ留意する…」
委員会は、チリに、以下のように勧告しました:
「できるだけ早く、条約のとりわけ37, 40 及び 39条、ならびにこの分野における、少年司法運営のための国連標準最低規則(北京規則)、及び少年非行の防止に関する国連指針(リヤドガイドライン)その他の関連した国際基準を徹底して遵守するように、少年司法制度とその実践の見直しを継続」(チリの CRC/C/15/Add.173、53 および 54段落)すべきです。

 

 

The Committee insists that juvenile offenders should be separated from those detained for “behavioural problems”:
“The Committee is concerned that:… (c) Juvenile offenders, in the Netherlands, are sometimes detained with children institutionalized for behavioural problems;…”
The Committee went on to recommend:
“… Avoid detention of juvenile offenders with children institutionalized for behavioural problems;…” (Netherlands and Aruba CRC/C/15/ Add.227, paras. 58 and 59(d))

委員会は、「行動の問題」のために拘留されている者から少年犯罪者を分離する必要があると主張します:
「委員会は、:…(c) オランダにおいては、少年犯罪者が、子供の行動上の問題のために施設措置された子どもたちと一緒に拘禁されている…ことを憂慮する」
委員会はさらに、以下のように勧告しました:
「…少年犯罪者を行動上に問題ある子どもたちと一緒に拘禁しないこと…」(オランダ、アルバ CRC/C/15/Add.227、58および59(d)段落)。

 

 

The Committee has also noted that mentally ill children should never be detained in prison:
 “The law permitting the placement of mentally disturbed children in jails should be reviewed as a matter of urgency.” (Nepal CRC/C/15/ Add.57, para. 38)

委員会はまた、精神病の子供は決して刑務所に拘禁すべきではないと指摘しています:
「刑務所に精神障碍の子供たちの措置を許可する法律は、緊急の問題として見直すべきである」(ネパール CRC/C/15/Add.57、38段落)

 

 

The Special Rapporteur on the question of torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment, in his report to the General Assembly in 2000, notes that he had received information about children being subjected to cruel, inhuman or degrading treatment in nonpenal institutions: “Unlike most adults, children can be deprived of their liberty in a variety of legal settings other than those related to the criminal justice system and are thus reported to be particularly vulnerable to some forms of torture or ill-treatment in an institutional environment… Unlike detention within the justice system, which in most cases will take place for a predetermined period of time, children are sometimes held in such institutions and subjected to cruel and inhuman or degrading treatment without time limits or periodic review or judicial oversight of the placement decision. Such indeterminate confinement, particularly in institutions that severely restrict their freedom of movement, can in itself constitute cruel or inhuman treatment.” (A/55/290, paras. 11 and 12)

拷問およびその他の残酷な非人間的なまたは品位を傷つける扱いまたは罰の問題に関する特別報告官は、2000 年の国連総会への報告書において、子どもたちが、刑事罰のためでない施設において残酷ないしは品位を傷つける扱いを受けているとの情報を受けたことに留意しています:「ほとんどの大人たちと違って、子どもたちは、刑事司法制度に関連する以外の法的設定においてその自由を奪われることがあり、このため、施設の環境において、ある種の拷問ないしは虐待に特にさらされやすいことが報告されている…。ほとんどの場合予め決められた期間に行われる司法制度内での拘禁と異なり、子どもたちは、そのような施設において、期間の限定,定期的見直し,もしくは措置決定についての司法による監督なしに収容され、残酷で非人間的もしくは品位を傷つける扱いを受ける。このような不定の期間にわたる、とりわけ行動の自由を厳しく制限する施設における拘禁は、それ自体が、残酷ないしは非人間的な扱いを構成する」(A/55/290  11および12段落)。

 

 

【以下、(c)項で本件に関係しない部分は略】

 

 

“... and shall have the right to maintain contact with his or her family through correspondence and visits, save in exceptional circumstances”

「…、例外的な事情がある場合を除くほか、通信及び訪問を通じてその家族との接触を維持する権利を有すること。」

 

 

Paragraph (c) of article 37 requires that every child deprived of liberty shall “have the right to maintain contact with his or her family through correspondence and visits, save in exceptional circumstances”. Such circumstances would have to be justified in the context of the Convention’s principles, including in particular the child’s best interests. The Committee’s General Comment No. 10 on “Children’s rights in Juvenile Justice” states that “exceptional circumstances” which may limit contact should be clearly described in the law and not left to the discretion of the relevant authorities. In order to facilitate visits, the child should be placed in a facility that is as close as possible to the place of residence of his/her family (CRC/C/GC/10, para. 28c).

37条の(c)項は、自由を奪われたどの子どもも「例外的な事情がある場合を除くほか、通信及び訪問を通じてその家族との接触を維持する権利を有する」ことを義務付けています。このような状況は、とりわけ子どもの最善の利益を含め、条約の原理の脈絡のなかで正当化されなければならないでしょう。 委員会の一般的意見10号「少年司法における子どもの権利」は、接触を制限することになるかもしれない「例外的な事情」については、これを法律に明白に記述するべきで、関係当局の裁量に委ねられるべきではないとしています。 訪問を容易にするために、子どもは可能な限り、その家族の居住する場所に近い施設に措置されるべきです(CRC / C/ GC /10、 28c段落)。
 
   
【以下、(d)項で本件に関係しない部分は略】