晃華学園事件・児相問題

所沢児童相談所関係リンク


更新:2017年3月27日

1. 埼玉県の公式情報

1-1. 埼玉県の概要(埼玉県サイトへのリンク)

 

埼玉県

埼玉県推計人口

2017年2月1日現在:総数 7,290,543人、男 3,638,751人、女 3,651,792人、世帯数 3,024,682世帯

 

県のあらまし > 人口(2010年10月1日・国勢調査)

人口:7,194,556人、平均年齢:43.6歳

年齢3区分別人口

 年少人口0~14歳:953,668人、県人口の13.3%、減少中

 生産年齢人口15~64歳:4,749,108人、県人口の66.3%

 老年人口65歳以上:1,464,860人、県人口の20.4%、増加中(全国一)

 

児童福祉

 ・児童虐待防止

 ・児童相談所のご案内

 ・児童福祉施設

 

 

1-2. 埼玉県の児童相談所(埼玉県サイトへリンク)

 

(1)  中央児童相談所

・児童相談所の利用の仕方、・児童虐待の防止のために、・里親制度に関する Q and A(質問と回答)、・児童相談所業務概要「埼玉の児童相談」

 

(2) 南児童相談所

・相談の進め方、・相談の申込み、・相談の内容、・里親登録の相談、・里親入門講座について

 

(3) 川越児童相談所

 

(4) 所沢児童相談所

管轄区域:所沢市、飯能市、狭山市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市

所在地:〒359-0042 埼玉県所沢市並木1-9-2

受付時間:月~金、8:30~18:15、休業日:土日祝、年末年始(12/29~1/3)

 

(5) 熊谷児童相談所

(6) 越谷児童相談所

(7) 越谷児童相談所・草加支所

 

(8) さいたま市児童相談所(さいたま市サイトへリンク)

県庁所在地の浦和市、大宮市、与野市、岩槻市が合併し、さいたま市になりました。2003年に政令指定都市になり、市として児童相談所を設置。

 

1-3. 埼玉県の児童福祉施設(埼玉県サイトへリンク)

 

(1) 児童養護施設

22施設(私立18、県立3、市立1)、定員合計1446名、虐待を受けた子供、保護者のいない子供

児童養護施設名簿(平成28年4月1日現在)(PDFファイル:183KB)

 

(2) 児童自立支援施設

2施設(国立1、県立1)、定員合計270名、旧:教護院/少年教護院、不良行為など問題のある子供

児童自立支援施設名簿(平成26年5月1日現在)(PDFファイル:88KB)

 

(3) 自立援助ホーム

7ホーム(私立7)、定員合計49名、義務教育修了後に就職する子供

自立援助ホーム名簿(平成26年5月1日現在)(PDFファイル:101KB)

 

(4) 乳児院

6施設(私立6)、定員合計214名、乳児や幼児

乳児院名簿(平成28年6月1日現在)(PDFファイル:108KB)

2. 所沢児童相談所の死亡事例

2-1. 子どもの虹情報研修センター

 

子どもの虹情報研修センター(日本虐待・思春期問題情報研修センター)

 

 子供の虐待、非行、暴力などの思春期問題について専門的な研究を行ない、全国の児相や施設に対して専門的な情報提供や相談を行なっています。国と横浜市の協力により設置、国の補助金で運営。

 

2-2. 死亡事例検証

 

子どもの虹情報研修センター > 児童虐待による死亡事例等の検証

 

以下に、全国の事例検証のうち、所沢児童相談所の管轄区域で起きた事例へのリンクを記す。

 

(1) 2011年7月17日、新座市、実父に放り投げられた9歳男児が死亡

 

児童虐待重大事例検証報告書~新座市9歳男児死亡事案~、平成24年5月、埼玉県児童虐待重大事例検証委員会

 

(2) 2012年7月9日、朝霞市、一時保護から返した後、実母と交際相手の虐待により、5歳男児が死亡

 

朝霞市児童虐待重大事例振返り作業結果報告書(概要版)、平成25年3月、朝霞市児童虐待防止等検討委員会

朝霞市児童虐待重大事例振返り作業結果報告書、平成25年3月、朝霞市児童虐待防止等検討委員

朝霞市5歳男児死亡事案検証報告書、平成25年4月、埼玉県児童虐待重大事例検証委員会

 

(3) 2016年1月9日、狭山市、母親と同棲男性の暴行により、3歳女児が死亡

 

児童虐待死亡事例検証報告書、平成28年7月、狭山市要保護児童対策地域協議会

児童虐待死亡事例検証報告書(資料編)、平成28年7月、狭山市要保護児童対策地域協議会

3. 一般サイト

Milkyway Club、新座市市議会議員「星川 一恵」のウェブログ ーかずログー
 「所沢児童相談所を視察」2006年11月06日

管理職はオール男のようだし、施設の方は古くて、ただでさえ社会的にも家庭的にも温かさに飢えている子ども達が、最大2ヶ月も滞在(実際には措置が決まらず、もっと長く居留せざるを得ない子どももいるとのこと)するには、つらい施設に見えた。個室というものが1室もないし、就学児に学習の保障すらないのだ。女性保育者の姿も見えなかった。