· 

晃華学園と児童相談所を支持するに至った経緯

晃華学園と児童相談所」ページに載せたものを、こちらにも載せます。

 


 

 裁判は、被告の晃華学園と児童相談所を支持します。

 

 

 以前、原告・水岡不二雄氏の支援を行なった事、皆様に支援をお願いした事、晃華学園と児童相談所を批判した事は、 間違っていました。晃華学園関係者の皆様、児童相談所関係者の皆様、私のブログやサイトを信用してくれていた皆様に、心からお詫びいたします。

 

 本当に申し訳ございませんでした。

 

 

晃華学園と児童相談所を支持するに至った経緯(修正2018/11/27-6時)

 

 児童相談所が晃華学園から子供を保護した事案について、父親の水岡不二雄氏が原告となり南出喜久治弁護士と、晃華学園と児童相談所を相手にして裁判を起こしました。

 

 当初は、原告の水岡不二雄氏と南出喜久治弁護士を支持していました。2015年3月の第1回口頭弁論から、私のブログで、水岡氏支援の為に情報発信を行ないました。なお、水岡氏から「自分のブログやホームページとして作ってくれ」という話は一度もありませんでした。「私のブログとホームページに、水岡氏を支援する情報を載せる」という約束でした。その為、水岡氏から、経費(交通費等)、報酬、謝礼など、金銭支払いの申し出は一度もありませんでした。私から要求した事も一度もありません。水岡氏からは、どのような名目であれ、1円も頂いていません。

 

 また、支援者として、水岡氏たちと共に、ネットの匿名掲示板(2ちゃんねる、5ちゃんねる、インターエデュ)に、晃華学園と児童相談所への誹謗中傷の書き込みを行ないました。裁判をないがしろにした場外乱闘は許されるものではありません。関係者の皆様、申し訳ございませんでした。

 

 2018年になり、水岡不二雄氏と村上賢一郎氏たちにより、個人情報を悪用され、悪質な嫌がらせを受け、水岡氏の支援ページを無断コピーされて水岡不二雄ホームページを作られ、私の方が違法サイトと扱われるなど(JIMDOを運営するKDDI法務部へ削除要請、グーグルへの違法サイト通報など)、悪質な犯罪の被害を受けました。裁判傍聴に通い続け、ネットで裁判支援を呼びかけた、唯一の支援者である私に対して、悪質な犯罪行為を行ないました。

 

 裁判に関してこのような犯罪行為を行なうという事は、裁判の主張も嘘だと判断できます。学術研究の世界では、ひとつの論文に不正が見つかれば、他の論文にも全て不正があると判断します。水岡氏は、一橋大学名誉教授ですから、よくわかっているはずです。

 

 他人に対して犯罪行為を行なうという事は、子供に対しても同様に接していた(虐待等があった)と考えられます。

 

 2018年2月3日、彼らと袂を分かちました。その時点では、裁判は晃華学園と児童相談所を支持しても、ネットでの情報発信は行わず、静観する事にしました。しかし、その後も、水岡氏からKDDI法務部を通して理不尽なクレームが届いたり、嫌がらせが続いているので、考えを変えました。2018年11月、晃華学園と児童相談所を支援する為に、情報発信を行なう事にしました。

 

 

児童相談所問題に対する私の基本的な考え方について:児童相談所問題の基本方針、活動を作ったMさんから教えてもらった事

 

 

注意:一橋大学・名誉教授の水岡不二雄氏、及び、立川市民で児童相談所被害者を名乗る村上賢一郎氏に、個人情報を教えたら、どのように悪用されるかわかりません。