児童相談所問題・晃華学園事件

水岡伶龍君が体罰(暴行)について書いた作文

2011年度2年A組


公開:2016年5月4日、更新:2017年2月19日

2011年度(2011年4月~2012年3月)、晃華学園小学校・2年A組の水岡伶龍君が、担任の高階教諭から受けた体罰(暴行)について書いた作文です。

 

1. 作文1「高しな先生になぐられたこと」2011年12月4日

2. 作文2「高しな先生にまたなぐられたこと」2012年2月

3. PDFファイル

1. 作文1「高しな先生になぐられたこと」2011年12月4日

「高しな先生になぐられたこと」

 

5月のれん休のあと、高しな先生は、クラスのみんなの前でじゅぎょう中、ぼくをなぐりました。

それから毎日、一回はなぐられました。

夏休みがおわってから、山中先生とあべ先生が高しな先生に、やらないで下さいと言ったそうです。

するとなぐられる回すうが少なくなりましたが、まだ五日に一回はなぐられました。

十月おわりからしばらくなぐられなくなりました。

十二月二日にはらをたたかれました。それは二十分休みの時でした。いたかったです。

だから学校にいく気がなくなりました。

 

十二月四日

            水おかれいりゅう

2. 作文2「高しな先生にまたなぐられたこと」2012年2月

「高しな先生にまた(泣き顔)なぐられたこと」

            みずおかれいりゅう

 

2月1日、たかしな先生に「こい」と、言われたので、ぼくは、おこるのかとにげてしまいました。だけどぼくはすなおにいきました、でもやっぱり高しな先生は「よんだらへんじをしろ」と山中せんせいのまえでなぐったら、山中せんせいが「やめなさい」といいました。

2月4日ランドセルをかたづけるじかんにはこをあけたられんらくちょうがありました。先生がきて「れんらくちょうを見せろ。」といいました。そしてれんらくちょうをだしたら先生が、「なんにもかいてないじゃないか」といってたたきました。かいすうは3回で、いたかったです。

3. PDFファイル

ダウンロード
作文1「高しな先生になぐられたこと」2011年12月4日(PDF.1頁.1555kB)
k20111204-sakubun1.pdf
PDFファイル 1.5 MB
ダウンロード
作文2「高しな先生にまたなぐられたこと」2012年2月(PDF.1頁.1509kB)
k20120200-sakubun2.pdf
PDFファイル 1.5 MB