児童相談所問題・晃華学園事件

水岡伶龍君が体罰(暴行)について書いた作文

2011年度2年A組


公開:2016年5月4日、更新:2017年2月19日

今まで、水岡不二雄氏と南出喜久治弁護士の主張を信じて、裁判の支援をお願いしてきました。しかし、3年近く支援してきて、水岡不二雄氏の主張を信じられなくなりました。間違ったお願いでした、皆様に深くお詫びします。
裁判所の判断を見守りたいと思います。(2018年2月3日)

 

 

【水岡不二雄氏から、「信頼関係がなくなったので、裁判に関する資料・図版・裁判情報等の全てについて、2018年2月20日をもって使用を断る」との連絡がありました。水岡氏が作成した資料は削除しました】

 

 

2011年度(2011年4月~2012年3月)、晃華学園小学校・2年A組の水岡伶龍君が、担任の高階教諭から受けた体罰(暴行)について書いた作文です。