真如苑(創価学会・精神医療)


タイトル画像
TOYOTA NOAH ヤナPackage (fake)
  • 伝統宗教・正しい宗教とは:正しい祈りを基盤にした信仰。生きとし生けるもの全てを幸せにする事、世の中を良くする事などを目標とします。
    -
  • カルト・セクトとは、似非宗教、宗教もどき、悪魔教、黒魔術、犯罪を隠蔽する為の偽装(ねずみ講やテロリスト等のカモフラージュ)など。それらの団体や洗脳。
    祈りがあっても、呪詛系(黒魔術・悪魔教・呪術など)。
    目的は、人々を不幸にする事、教団と幹部の欲望、金と権力、教祖の妄想、反社会的思想など。
    -
  • 注記:他のカテゴリーと重複している部分があります。

1. 真如苑とは

-

 

2. 宗教戦争

1. 真如苑の成り立ち

2. 創価学会の成り立ち

3. 真如苑対創価学会、宗教戦争

 

<詳細ページは後日公開予定>

 

 

「どんな手段を使ってでも、真如苑の伊藤を殺せ!、真如苑を潰せ!」

創価学会からの一方的な攻撃です。創価学会では、古くからの信者や、熱心な信者は、骨の髄まで叩き込まれています。

 

 昭和30年頃、真如苑の血脈相承(仏教の始祖・お釈迦様/シッタルダから、仏法を継承している事)が、裁判で明らかになった。 本来この書類は公開してはならないもの。しかし、事件の捜査で、警察が書類を発見、宗教法人を管轄する文部省が事実を確認しました。

 

 創価学会は、創価教育学会の設立時から仏教とのつながりが全くありません。池田大作がトップに着いてすぐ、血脈相承の立場を手に入れようと考えて、真如苑の乗っ取りを謀りましたが失敗しました。逆怨みして、創価学会の全信者を動員して、「真如苑はカルトだ!潰さなければならない!」と世間に広めると共に、真如苑の幹部殺害や教団壊滅を謀りました。今でも、池田大作の指導を受け継ぐ信者は、真如苑と聞いただけで鬼のような顔になるほどです。

 

 公式には発表されていないが、真如苑の会長が銃で狙われたり、非常に危険な状況が繰り返されました。

 

 創価学会による立川市への移住大作戦。創価学会と公明党の本部がある新宿区や、創価大学など重要な教団施設がある八王子市には、創価信者が集まっています。立川市は違って、真如苑の幹部暗殺・教団壊滅・活動妨害などの為に、信者に移住を指示しました。立川市議会に公明党議員が多いのも同じ理由です。

 

 

 現在は、自民党(伝統宗教や他宗教が支持)と公明党(創価学会の政治部門)の連立により、他宗教を邪教だと攻撃する事は減った。優しさや思いやりの広報活動を進めている。しかし、それは反社会的活動や犯罪活動が見えないようにカモフラージュしただけ。教団を世界最凶化した池田大作を神格化した事からもわかるが、カルトとしての本質は何も変わっていない。

 

 

3. 共済会立川病院と創価学会による裏稼業

 

共済会立川病院・三船クリニック・創価学会の裏稼業。真如苑会長の暗殺。

病院の不祥事や、「精神科の治療を受ける事で正気を失う」ことを、隠蔽する為なら、暗殺でも何でも。

立川市議会議員で真如苑事務局員の安東太郎(頭山太郎)の活躍。

 

仏教の理念「生きている人も亡くなった人も救う」や、真如苑設立時の理念「教団を大きくするより一人を救う」があるのに、精神科や創価学会に協力するのは、間違っています。

 

 現実に精神病はあるが、精神科の治療で治る事は少ない。また、精神科医の中で、きちんと治療できる医師がほとんどいない。統合失調症は病識がない(自分は精神病ではないと強い信念)ので、発病しても精神科へは行かない。反社会的活動や妄想系活動には沢山いる。