宗教・カルト問題


タイトル画像
JR中央線・快速、新型車両 (fake)

作成中。各ページは後日公開予定。現状はメモのリスト。

 

  • 伝統宗教・正しい宗教とは:正しい祈りを基盤にした信仰。生きとし生けるもの全てを幸せにする事、世の中を良くする事などを目標とします。
    -
  • カルト・セクトとは、似非宗教、宗教もどき、悪魔教、黒魔術、犯罪を隠蔽する為の偽装(ねずみ講やテロリスト等のカモフラージュ)など。それらの団体や洗脳。
    祈りがあっても、呪詛系(黒魔術・悪魔教・呪術など)。
    目的は、人々を不幸にする事、教団と幹部の欲望、金と権力、教祖の妄想、反社会的思想など。
    -
  • 注記:他のカテゴリーと重複している部分があります。

 

1. 真如苑

<各ページは後日公開予定>

 

(2) 真如苑 対 創価学会、宗教戦争

 

「どんな手段を使ってでも、真如苑の伊藤を殺せ!、真如苑を潰せ!」

創価学会からの一方的な攻撃。古くからの信者や、熱心な信者は、骨の髄まで叩き込まれています。

 

 昭和30年代、創価学会の池田大作がトップについて、真如苑の血脈相承(仏教の始祖・お釈迦様から仏法を継承している事)を手に入れようと画策して失敗しました。逆怨みして、創価学会を挙げて、「真如苑はカルトだ!潰さなければならない!」と世間に広めると共に、真如苑の幹部殺害や教団壊滅を謀りました。

 

(3) 共済会立川病院の裏稼業

 

共済会立川病院・三船クリニック・創価学会の裏稼業。真如苑会長の暗殺など。

病院の不祥事や、医療ビジネス「精神科の治療を受ける事で正気を失う」を、隠蔽する為なら、暗殺でも何でも。

立川市議会議員で真如苑の安東太郎(頭山太郎)の活躍。

 

仏教の理念「生きている人も亡くなった人も救う」や、真如苑設立時の理念「教団を大きくするより一人を救う」があるのに、精神科や創価学会に協力するのは、間違っています。

 

 精神病は治療で治りますが、きちんと治療できる精神科医がほとんどいません。また、統合失調症は病識がない(自分は精神病ではないと強い信念)ので精神科に行かず、妄想系活動、反社会的活動、犯罪へ行きます。

 

 

2. 創価学会・公明党

 <内容は順次追加予定>

 

 現在、自民党(伝統宗教や他宗教が支持)と公明党(創価学会の政治部門・池田大作が設立)の連立により、他宗教を邪教だと攻撃する事は減りました。優しさや思いやりをアピールする広報活動を進めています。しかし、それは反社会的活動や犯罪活動をカモフラージュする為です。教団を世界最凶化した池田大作を神格化した事からもわかりますが、カルトとしての本質は何も変わっていません。

 

注:要望があれば、創価学会の犯罪方法(ネットの違法な監視、盗聴、家宅侵入などの方法)を、共済会立川病院や安東太郎市議の関係者からの情報をもとに記します。

 

例1:DMM.comや、ビックカメラのBIC-SIM(IIJmio)の、携帯電話回線(格安シム)は、創価の裏稼業に協力。社員の創価信者が基地局側でAPN等を切り替え、二段階認証のマイクロソフトアカウントが乗っ取られたり、通信が全くできない状況が頻発する。問合せをしてもまともな回答が返ってこない。

 

例2:2014年、デンヨー株式会社(東証一部)は、創価学会の性犯罪や暗殺に全面的に協力すると、真船技術部長から共済会立川病院に申し入れ。真船氏は過去にも、技術研究所棟で創価の女子社員をレイプやストーカーするように命令していた。

 

3. オウム真理教・アレフ・ひかりの輪

 

 毒ガスを使った都市型無差別テロ「地下鉄サリン事件」を行ない、世界中を震え上がらせたカルト。軍や研究施設以外でサリンを量産したのも、一般人に向けて無差別にサリンを使ったのも、世界中でオウム真理教だけです。また、サリン以外の毒ガスの製造にも成功していました。

 

 後継団体の「アレフ」と「ひかりの輪」が勢力拡大中です。地下鉄サリン事件を起こした当時より、多額の資産を蓄えているそうです。

 

 

4. サイエントロジー

 

 アメリカのSF作家が作った集金システム。NLPという心理学を基にした自己啓発セミナーから宗教団体化しました。ハリウッドに本部を置き、世界的に勢力拡大を図っています。

 

 なお、社会的に正しいと言える活動として、CCHR(市民人権擁護の会)による精神医療反対活動や、ナルコノンによる違法薬物や処方薬による薬物中毒者の回復支援があります。ただし、実際の活動では、偏った情報公開や、扇動(感情的に煽る)していく、カルト的な手法が目立っています。

 

 

5. ハンドパワー・手かざし

 

呪詛をベースにしている事が多いです。

 

 

6. 集団ストーカー・電磁波攻撃

 

 電磁波攻撃など不可解な主張をしている活動は、基本的に「統合失調症の妄想」です。イルミナティの世界支配、米国の諜報機関NSAやCIAの支配、国家権力支配、ハイテク兵器の攻撃なども、妄想です。精神科に入院した安淳徳(アンジュントク)氏の跡を継いで、活動を拡大させているグループが複数あります。その妄想やカルトビジネスについて記します。