児童相談所問題

施設における個人情報の取り扱いについて


公開:2016年4月24日、更新:2017年2月19日

 

注:児童相談所に子供を保護された親が、裁判や敵対行動をすれば、調査や家族再統合は行われなくなり、子供は戻ってこなくなります。サイト管理人として、裁判、敵対行動、児童相談所の撲滅をめざす活動などは支持しません。それ以前に、虐待、嘘、違法行為、非常識な言動があったとすれば、問題外です。

 

 

 情報提供を頂きました。ありがとうございました。

 

「施設における個人情報の取り扱いについて懸念している」との事で、ある施設における個人情報についての文書を頂きました。

 

 親として、子供が保護された事も含めて子供や親の個人情報が、関係各所に知らされるのではないか、必要以上に広められるのではないか、子供や親への配慮を欠いた取り扱いをされるのではないかと、懸念しています。

 

 例えば、離婚経験者やDV被害者が相手に秘密にしていた住所を市役所が教えてしまった、というニュースが時々あります。「市役所に事情を説明し、秘密にする手続きをしたのに、職員が不注意で教えてしまった」という報道が多いです。(本当に不注意なのか?と思いますが、ここでは主旨と違うので論じません)。それと同じ事が、児童相談所や児童養護施設で起きるのではないか?と懸念しています。

 

 また、医師や専門家の研究発表では、症状詳細やデータの信ぴょう性を示す為に、被験者を簡単に特定できるほど、写真や個人情報が使われたりします。しかし、精神科や施設に関する研究は、被験者が特定されると、本人の不利益になるものばかりです。特に子供の場合は、将来にわたって不利益が続きますから、個人を特定できないようにするべきです。

画像:施設の個人情報利用目的