児童相談所問題2・現状の問題

政策や運用の見直しへ


タイトル画像-日野・高幡不動尊 金剛寺

児童相談所は「子供の幸せの為に」必要ですが、色々な問題が起きています。政策や運用の見直しが必要です。

 

・児童相談所、一時保護所、児童福祉施設(児童養護施設、乳児院、自立支援施設、教護院)に関する問題。
・保護された子供が絶望する、向精神薬の投与、劣悪な生活環境、躾や勉強を教えない。
・政策や運用の問題。虐待の証拠も令状も必要なく、親から子供を保護して、施設に入所させる。
・虐待親や嘘つき親が、「何もしてないのに子供を拉致された!」、「児童相談所廃止!」と騒ぐ。
・カルトや左翼が、被害者支援から勢力拡大か(創価学会・公明党、オウム真理教、他)

 

注:児童相談所に子供を保護された親が、裁判や敵対行動をすれば、調査や家族再統合は行われなくなり、子供は戻ってこなくなります。サイト管理人として、裁判、敵対行動、児童相談所の撲滅をめざす活動などは支持しません。それ以前に、虐待、嘘、違法行為、非常識な言動があったとすれば、問題外です。

 

1.児童相談所・児童養護施設

2.活動・参加者

3.政策・運営

4.法令・資料