3.晃華学園の危険性

裁判をないがしろにした場外乱闘


公開:2018年11月23日、追記:2018/11/28

 

1. 毅然とした対応をしない学校

2. ネットの誹謗中傷を放置する危険性

3. 南出弁護士の評判がた落ち

4. コンサルタントの指導が必要

 

注意:水岡不二雄氏と村上賢一郎氏に個人情報を教えたら、どのように悪用されるかわかりません。

 

1. 毅然とした対応をしない学校

 晃華学園の評判が下がっています。その原因は、原告・水岡不二雄氏や村上賢一郎氏たちによるネットの誹謗中傷※に対して、有効な対抗処置をとらないからです。水岡氏は、晃華学園の異常さが世に広まったからだと主張していますが、私はそうは思いません。

 

※:2ちゃんねる、5ちゃんねる、インターエデュ、ヤフー知恵袋など、匿名性のある書き込み

以前、私も、水岡不二雄氏の協力者の一員として、これらに書き込みをしました。関係者の皆様、本当に申し訳ございませんでした。

 

 

 原告の水岡不二雄氏が、裁判をないがしろにして場外乱闘(ネットの誹謗中傷)を、積極的に行なっています。原告の立場を考えると、裁判には絶対に勝てないとか、裁判の判決は関係ないと思っているから、場外乱闘にのめりこめるのです。

 

 もし、裁判を重視するのなら、裁判以外で無闇に争う事は慎まなければなりません。ましてや、犯罪行為と言えるような行動は、絶対にしてはなりません。

 

 私の周りでは、「裁判にも、場外乱闘にも、毅然とした対応をしない晃華学園は、何を考えているのか。裁判で原告へ反論するとともに、一般に情報公開をするべきだ」と言う人が多かったです。

 

 場外乱闘に対しても、「2ちゃんなど匿名性のある書き込みであっても、個人を特定できるはず。威力業務妨害や名誉棄損になるのに、なぜ、学校は何もしないのか?。言葉による傷害罪にも問えるのではないか?」と。

 

 それをやらないから、学校の評判が下がったのです。

 

 

2. ネットの誹謗中傷を放置する危険性

 精神異常者などが、ネットの誹謗中傷(2ちゃんねる、5ちゃんねる、インターエデュ、ヤフー知恵袋など)に共感して、晃華学園に乗り込んで、相模原障害者施設や池田小学校のような、無差別殺傷事件を起こす可能性があります。

 

 ネットの書き込みは、新規で書き込まなくても、以前の書き込みが残っている間は、誹謗中傷を行ない続けている事になります。つまり、晃華学園は、現在だけではなく、将来的にも長期間、無差別殺傷事件のリスクを負わされるのです。

 

 相模原障害者施設殺傷事件(Wikipedia)の犯人は、どこかで優生思想にふれて共感し、無差別殺人を実行しました。

 

 大阪教育大学附属池田小学校事件(Wikipedia)も、犯人が、なぜ犯行を思いついたのか、なぜ実行したのか、よくわかりません。

 

 もし、晃華学園に、精神異常者が乱入して殺傷事件を起こしたとしたら、水岡不二雄氏や村上賢一郎氏たちが、犯人の犯行意欲を煽ったとして、罪に問われるでしょうか?、何の罪にも問われないはずです。学校が毅然とした対処をしていなかった事が、社会的責任として問題になるはずです。

 

 多くの人が、「晃華学園は、子供を安全に預かる事が求められているのに、きちんと対処していない。相模原や池田小のような事件が起きてからでは遅い」と思っているから、評判が下がったのです。

 

 2ちゃんねる・5ちゃんねるの書き込みは消せないと思っている人がいますが、裏から手を回せば簡単に消せます。私の書き込みのうち、共済会立川病院と創価学会が行っている裏稼業の担当者の実名を出した書き込みは、書き込んで2日以内にすべて削除されました。

 

 

3. 南出喜久治弁護士の評判がた落ち

 水岡氏は、裁判を始める前から、ネットの誹謗中傷(裁判の場外乱闘)を行なっていましたが、南出弁護士の指示で行なっていたのでしょうか?、それとも、南出弁護士の了解を得て行なっていたのでしょうか?

 

 弁護士が変わりましたが、佐久間弁護士と近藤弁護士は、ネットの誹謗中傷(裁判の場外乱闘)や、ホームページの乗っ取りを了解しているのでしょうか?

 

 弁護士が場外乱闘を認めたら、裁判所や弁護士の存在意義を否定する事になります。激しい場外乱闘を続ける水岡氏のせいで、南出弁護士の評判はがた落ちです。

 

 私と協力している児童相談所被害者は、児童相談所問題の活動を作ったMさんと一緒にやってきた人が多いです。彼らは、Mさんの裁判を支えてきましたから、南出弁護士を高く評価していました。今は「水岡氏が非常識な場外乱闘をやっているが、南出弁護士は何を考えていたのか!」とまで言われています。

 

 

 

4. コンサルタントの指導が必要

 晃華学園は、モンスタークレーマー対策の専門家や、ITコンサルタントの永江一石さん※に、指導して頂いた方が良いと思います。

 

 2018年夏から、地域政党・未来日本、衆議院議員・長島昭久氏、NPOフローレンスなどが、児童相談所をはじめ子供を取り巻く問題について、多摩地域で学習会を行なっています。多摩地域の学校として、参加させてもらっても良いのではないでしょうか。

 

 もし、晃華学園が望むなら、私も協力させて頂きます。

 


 

<追記:2018/11/28>

 

※:ネットの悪質な誹謗中傷、特に匿名書き込みに対する対処例。

 

 ITコンサルタントの永江一石さんが、悪質ニュースサイトnetgeekに対して被害者集団訴訟を起こす事になりました。

 

More Access! More Fun! 永江一石のITマーケティング日記

【拡散】netgeekの運営会社情報大公開と、被害者集団訴訟のお知らせ(2018/11/19)

デマの温床netgeekに捏造デマと名誉毀損と営業妨害されたので自分なりのやり方で百倍返ししてみるわ。(2018/9/29)

 

ねとらぼ - ITmedhia

「netgeek運営者情報に20万円の賞金出します!!」 悪質ニュースサイトに異例の“懸賞金” 「これは支援する」「面白い」と賛同も

ITコンサルタント、永江一石さんへの名誉毀損と営業妨害で。(2018/10/3)

 

 

 

 芸人のスマイリーキクチさんが、「殺人犯だ」と誹謗中傷(嘘の書き込み)を繰り返された事件も、面白がって匿名で書き込む人が増えた為、被害が拡大しました。本人が本を出しています。アマゾンへのリンクです。

 

「突然、僕は殺人犯にされた」スマイリーキクチ著