児童相談所の問題

法制度や運用の見直し(改善)へ


タイトル画像-日野・高幡不動尊 金剛寺

・児童相談所は、子供の幸せの為に必要です。ただし、いろいろな問題が起きています。法制度や運用の見直し(改善)が必要です。
・児童相談所に敵対すれば、調査や家族再統合は行われなくなり、子供は戻ってこなくなります。
・敵対して騒ぐ人は、虐待親で子供を取り戻せる可能性がないから……そう考えた事がありますか?

 

児童相談所、一時保護所、児童福祉施設(児童養護施設、乳児院、自立支援施設、教護院)に関する問題を扱います。

 

<政策問題>

  • 精神科ビジネス、医療ビジネス、貧困ビジネス、生活保護ビジネスなど。女性支援(母子寮、DVシェルター)、ひとり親支援、発達障害児支援なども関わっている。
  • 親が精神科にかかると、子供が児童相談所に保護される事が多い。
  • 個々の担当者は、当事者の為や、自分の人事評価の為に、法制度等に則ってまじめに仕事をしている場合が多い。
  • 内需拡大。国の経済を維持できない。一部の人を犠牲にすれば、多くの人に仕事が増える。

<運用や親の問題>

  • 子供の問題:保護された子供が絶望する、向精神薬の投与、劣悪な生活環境、躾や勉強を教えない。
  • 法制度や運用の問題:虐待の証拠も令状も必要ない。子供の保護も、施設入所も、担当者の判断。
  • 親の問題:自称被害者(虐待親・嘘つき親)が「何もしてないのに子供を拉致された!正義の闘いだ!」と憎悪を煽る。
  • 支援者の問題:カルトや左翼が、被害者支援から勢力拡大か?(創価学会・公明党、オウム真理教、他)

 

1.児童相談所問題とは(活動・参加者)

2.政治・役所・医療福祉

  1. 児童相談所問題を政治家へ 【更新2018/6】
  2. 児童相談所に関する公式情報へのリンク
    -
  3. 児童相談所問題を国会質問・鈴木貴子代議士、第190回通常国会・衆議院・2016年5月
      (1/4) 質問と政府回答
      (2/4) 解説:質問1~6,12
      (3/4) 解説:質問7~11
      (4/4) 解説:質問13~18
  4. 地域政党・未来日本、衆議院議員・長島昭久、NPOフローレンスの取り組み、2018年~
    -
  5. 熊本・赤ちゃんポストの取り組み、児童相談所が対処できない現実をフォロー
  6. 生活保護やDVシェルターから、母が精神科へ、子供が児童相談所に ~ 医療ビジネス
  7. 母親が精神科の治療で子育てできなくなり、子供が児童相談所に ~ 医療ビジネス
  8. 児童相談所から強引に子供を奪い返せば、誘拐等の犯罪として、警察に追われる
  9. 児童相談所が保護する対象は、在日外国人も。特亜三国だけでなく、出稼ぎも
  10. 障害児・発達障害児の保護。親の問題(子育てに疲れて、施設入所を断られて、障害を受容できず)

3.マスコミ・住民運動

  1. 子供たちの叫び!~ 児童相談所一時保護所の現実、日本テレビ2015年5月7日放送
  2. 社会的養護の問題、ヒューマン・ライツ・ウォッチが児童養護施設を取り上げる
  3. 高層マンション「ジーニス大阪」に児童相談所計画、住民の安全や資産価値、住民投票で中止
  4. RN2 山脇由貴子
  5. 「このままだと我が子を殺してしまう」虐待と向き合う母の告白、フジテレビ2018年9月24日放送
  6. 「不慮の事故でも児相に即、通報!無実の“虐待親”を生み出す恐怖のシステム」週刊女性2018年10月9日号

関連書籍

  1. 児童相談所問題の書籍リスト
    「児童相談所の怖い話、あなたの子どもを狩りに来る」内海聡著
    「告発 児童相談所が子供を殺す、元職員が覚悟の告発」山脇由貴子著
    「ルポ 児童相談所、一時保護所化から考える子ども支援」慎泰俊著
    「ルポ 児童相談所」大久保真紀著
    「なぜ、わが子を棄てるのか、赤ちゃんポスト10年の真実」NHK取材班
    「ルポ 消えた子どもたち、虐待・監禁の真相に迫る」NHK取材班
  2. 「カルト村で生まれました」高田かや著 ~ 保護経験:児童相談所の生活はカルト村と同じ
  3. 「はざまのコドモ、息子は知的ボーダーで発達障害児」沖田×華・君影草著

4.児童相談所・施設(運用や子供に関する問題)

  1. 児童相談所職員の信じられない言動(1)
  2. 児童相談所職員の信じられない言動(2)
  3. 親子間の面会通信の制限について、児童相談所による洗脳と向精神薬
  4. 子供の施設入所に関する親の費用負担について、親から情報提供
  5. 施設における子供の予防接種について、親から情報提供
    -
  6. 施設における個人情報の取り扱いについて、親から情報提供
  7. 財務80万じゃ子供を失っても文句言えないよな!、黒い噂:創価学会の内部粛清(見せしめ)
  8. 「病院からの虐待通告なら一発で保護されるぞ!おまえにもしてやろうか!」、共済病院関係者から恫喝
  9. 「保護されてからは偽名を使用させられた」、保護経験
  10. 「児童相談所に保護されて絶望しかなかった」、保護経験
    -
  11. 「家に帰りたい、親に会いたい」児童相談所が子供の希望を拒否、保護経験
  12. 児童相談所の心理士「私にはどうしてあげる事もできない」、保護経験
  13. 「子育てできるように再婚したのに、子供を返してもらえない」、再婚相手からの虐待事件が多い現実
  14. 施設:子供をおとなしくさせる為、向精神薬を投与。子供は騒いで暴れるものなのに。
  15. 反抗する子供は精神科入院も
    -
  16. 施設:子供が「学校に行きたくない」と言えば、不登校として、精神科へ。成長したら低学歴の障害者
  17. 施設:入所率が低ければ経営破綻。定員充足率80%以上で、定員100%分の支給
  18. 施設:入所の子供1人あたり、役所から月35~40万円(年400~500万)支給。親子4人が充分暮らせる金額!
  19. 施設:子供に発達障害の診断をもらうと、施設への支給額が15%~20%UP!?、子供1人あたり月35万に7万加算
  20. 障害児・発達障害児の保護が増えている?、親の問題も多い(子育てに疲れて、施設入所を断られて、障害を受容できず)
    -
  21. 「虐待親でも、子供は実の親と暮らすのが一番幸せなんだ!」、自称知識人や高学歴エリートが強弁
  22. 「自分が産んだ子を虐待する母親がいるはずない!」、強弁する母親たち