児童相談所の問題

政策・法制度・運用の見直し(改善)へ


タイトル画像-日野・高幡不動尊 金剛寺

作成中。個別ページは後日作成予定。現状はメモのリスト。

 

・児童相談所は、子供の幸せの為に必要です。ただし、いろいろな問題が起きています。政策・法制度・運用の見直し(改善)が必要です。
・児童相談所に敵対すれば、調査や家族再統合は行われなくなり、子供は戻ってこなくなります。
・敵対して騒ぐ人は、虐待親で子供を取り戻せる可能性がないから……そう考えた事がありますか?
・騒いでいるのは自称被害者(虐待親・嘘つき親)が多いです。関わったらどんな被害に遭うかわかりません。私も何人もからひどい被害に遭いました。

 

児童相談所、一時保護所、児童福祉施設(児童養護施設、乳児院、自立支援施設、教護院)に関する問題を扱います。

 

<政策問題>

  • 家族はどうあるべきか。現状は、親子分離・施設養護を進める政策。
  • 医療ビジネス(精神科)、貧困ビジネス(生活保護)、女性支援(母子寮、DVシェルター、ひとり親)、発達障害児支援などが関わっている。
  • 内需拡大。医療福祉業界として、一部の人を犠牲にすれば、多くの人に仕事が増える。

<運用や親の問題>

  • 法制度や運用の問題:虐待の証拠も令状も必要ない。子供の保護も、施設入所も、担当者の判断。
  • 担当者は、当事者の為や、自分の人事評価の為に、法制度等に則ってまじめに仕事をしている場合が多い
  • 子供の問題:保護された子供が絶望する、向精神薬の投与、劣悪な生活環境、躾や勉強を教えない。
  • 親の問題:自称被害者(虐待親・嘘つき親)が「何もしてないのに子供を拉致された!正義の闘いだ!」と憎悪を煽る。
  • 支援者の問題:カルトや左翼が、被害者支援から勢力拡大か?(創価学会・公明党、オウム真理教、他)

 

1.児童相談所問題とは(活動・参加者)

2.政治・役所・医療福祉

  1. 児童相談所問題を政治家へ 【更新2018/6】
  2. 児童相談所に関する公式情報へのリンク
    -
  3. 児童相談所問題を国会質問・鈴木貴子代議士、第190回通常国会・衆議院・2016年5月
      (1/4) 質問と政府回答
      (2/4) 解説:質問1~6,12
      (3/4) 解説:質問7~11
      (4/4) 解説:質問13~18
  4. 地域政党・未来日本、衆議院議員・長島昭久、NPOフローレンスの取り組み、2018年から、児童相談所と精神科の問題を取り上げ、議員の勉強会などを行なっています
    -
  5. ロビー活動・伝聞:元東京都知事・石原慎太郎氏「この問題には手を出せない」(精神科・児童相談所)
  6. 熊本・赤ちゃんポストの取り組み、児童相談所が対処できない現実をフォロー
  7. 生活保護やDVシェルターから、母が精神科へ、子供が児童相談所に ~ 医療ビジネス
  8. 母親が精神科の治療で子育てできなくなり、子供が児童相談所に ~ 医療ビジネス
  9. 児童相談所から強引に子供を奪い返せば、誘拐等の犯罪として、警察に追われる
  10. 児童相談所が保護する対象は、出稼ぎなどの在日外国人も。特別扱いされている特亜三国の在日だけでない
  11. 障害児・発達障害児の保護。親の問題(子育てに疲れて、施設入所を断られて、障害を受容できず)

3.マスコミ・住民運動

4.児童相談所・施設(運用や子供に関する問題)

<メンテナンス中>リストを整理予定

  1. 児童相談所職員の信じられない言動(1)
  2. 児童相談所職員の信じられない言動(2)
  3. 親子間の面会通信の制限について、児童相談所による洗脳と向精神薬
  4. --------------------------------------
  5. 保護:財務80万じゃ子供を失っても文句言えないよな!、黒い噂:創価学会の内部粛清(見せしめ)
  6. 保護:「病院からの虐待通告なら一発で保護されるぞ!おまえにもしてやろうか!」共済病院関係者から恫喝
  7. 保護:「子育てできるように再婚したのに、子供を返してもらえない」、再婚相手からの虐待事件が多い現実
  8. 保護:親子げんかで保護、子供は施設入所。家族破壊の親子分離ではなく、仲裁と子育て指導をするべき
  9. 保護:一旦「子供は家庭に戻さないで施設入所」と決まると、二度と見直しが行われない場合も
  10. 保護:親子げんかや成績不振で「家に帰りたくない」と子供が言うと、子供の意向だから施設入所。
  11. 保護:障害児・発達障害児の保護が増えた?、親の問題?(育児の疲れ、施設入所を断られ、障害受容できず)
  12. 保護:「虐待親でも、子供は実の親と暮らすのが一番幸せなんだ!」、自称知識人や高学歴エリートが強弁
  13. 保護:「自分が産んだ子を虐待する母親がいるはずない!」、強弁する母親たち
  14. 保護:「少しでも徴発されたら、必ず全力で挑発に乗る!」児童相談所に敵対したら、虐待親認定される
  15. 保護:児童相談所に敵対する親から、子育てに向いてないと判断される
  16. 保護:離婚した相手から、子供と親権を奪って、自分のものにしたい。児童相談所に虐待通告
  17. 保護:離婚を有利に進めて、子供の親権を確保したい。児童相談所に相手の虐待を相談
  18. 保護:精神科医が「この患者(母親)は子育てできる状態ではない」子供の保護を指示。
  19. --------------------------------------
  20. 虐待親:「子供を、親の所有物だと思っている」支援者からよく聞く意見。
  21. 虐待親:「利権の為に子供が奪われた」「施設が毎月40万円貰う為にうちの子が連れていかれた」原因をすり替え
  22. 虐待親:「悪い事をしたから躾をしてるんです」、虐待や犯罪行為を正当化、自分勝手な理屈
  23. 虐待親:「何も悪い事をしてないのに子供を拉致された!」悪いのは他人、自分は被害者
  24. 虐待親:「学校や近所の嫌がらせの虐待通告で子供を奪われた」、悪いのは他人、自分は被害者
  25. 虐待親:「正義の闘いをしよう!」、他の親に対して児童相談所と敵対する事を煽る。本心は「自分と同じように子供を失え!」
  26. 虐待親:「裁判をすれば児相長の出世はなくなる!復讐の裁判だ!」、真っ赤な嘘です。
  27. 虐待親:「Xさんはうちより酷い。うちの子を保護する前に、Xさんの子を保護しろ」
  28. 虐待親:児童相談所に対して、恫喝、嫌がらせを行なう、自分の主張が通らないと、児相で自殺や自傷行為を図る。
  29. 虐待親:児童相談所への憎悪が最優先。子供の事はあとまわし。子供の気持ちや暮らし、子供の幸せは考えない。
  30. --------------------------------------
  31. 活動:児童相談所・精神科・政治家の意向「児童相談所問題の活動を内紛で自滅させろ」

  32. 活動:創価信者が、児相反対活動の内容を、公明党議員や精神科医たち児相支持者に報告。それがカルトの信心。一般人には理解できない。

  33. 活動:埼玉のある被害者の裁判では、原告支援グループの創価信者が、教団を通して公明党・精神科医などへ詳細を報告。
  34. 活動:「あの児相反対活動を潰したら、子供を返してやる」「あの活動家に取り入って、情報源などを調べたら、子供と会わせてやる」創価信者からの情報提供・黒い噂
  35. 活動:「水岡不二雄との協力を壊して敵対させたら、子供と会わせてやる」創価信者の被害者へ指示。財務80万の親に?。創価信者からの情報・黒い噂

  36. --------------------------------------
  37. 施設:子供の施設入所に関する親の費用負担について、親から情報提供

  38. 施設:施設における子供の予防接種について、親から情報提供
  39. 施設:施設における個人情報の取り扱いについて、親から情報提供
  40. 施設:子供をおとなしくさせる為、向精神薬を投与。反抗した子は精神科入院。子供は騒いで暴れるもの。
  41. 施設:子供が「学校に行きたくない」と言えば、不登校&精神科。成長したら低学歴の障害者
  42. 施設:入所率が低ければ経営破綻。定員充足率80%以上で、定員100%分の支給
  43. 施設:子供1人あたり、役所から月35~40万円(年420~480万)支給。親子4人が充分暮らせる金額!
  44. 施設:子供をおとなしくさせる為、向精神薬を投与。反抗した子は精神科入院。子供は騒いで暴れるもの。
  45. 施設:子供が「学校に行きたくない」と言えば、不登校&精神科。成長したら低学歴の障害者
  46. 施設:社会福祉法人。営利活動をする一般企業と違い、収入や資産の制約が大きい。
  47. 施設:収入は役所からの補助金。営利活動をできない。経営多角化できない。
  48. 施設:入所率が低ければ経営破綻。定員充足率80%以上で、定員100%分の支給
  49. 施設:子供1人あたり、役所から月35~40万円(年420~480万)支給。親子4人が充分暮らせる金額!
  50. 施設:発達障害の診断をもらうと、役所からの支給額が15%~20%UP!?、子供1人あたり月35万に7万加算
  51. --------------------------------------
  52. 保護経験:「保護されてからは偽名を使用させられた」
  53. 保護経験:「児童相談所に保護されて絶望しかなかった」
  54. 保護経験:「家に帰りたい、親に会いたい」児童相談所が子供の希望を拒否、施設入所、面会通信の禁止
  55. 保護経験:「反抗期で親と仲は悪かったが、虐待は受けていない」児童相談所が子供の訴えを無視、施設入所
  56. 保護経験:親子げんかで保護、児童相談所で親の悪口を言ったりしたら施設入所
  57. 保護経験:児童相談所の心理士「私にはどうしてあげる事もできない」
  58. 保護経験:小遣いが少ない。服や日用品も十分に買えない
  59. 保護経験:子供同士、名前や連絡先の交換は禁止。家族の事や、保護された経緯を話すのも禁止
  60. 保護経験:使い古した服や下着。特に下着は、汚れ、破れ、サイズが合わない。
  61. 保護経験:スマホ、パソコンなど、IT機器を使えない。差し入れも禁止。
  62. --------------------------------------