児童相談所問題


タイトル画像-上野・湯島天満宮
  • 児童相談所は、子供の幸せの為に必要です。ただし、いろいろな問題が起きています。政策・法制度・運用の見直し(改善)が必要です。
  • 児童相談所に敵対すれば、調査や家族再統合は行われなくなり、子供は戻ってこなくなります。
  • 敵対して騒ぐ人は、虐待親で子供を取り戻せる可能性がないから……そう考えた事がありますか?
    -
  • 自称被害者(虐待親・嘘つき親など)が多く、彼らのせいで世の中に問題が広まりません。関わってはいけません。
  • 支援であっても個人情報を教えてはいけません。個人情報の悪用、嫌がらせ、誹謗中傷など、悪質な犯罪被害に遭います。私もひどい被害に遭いました。

 

1.児童相談所と闘わない選択

 

【子供を児童相談所に保護された親へ】

自分の生き方を変えてでも、子供を家庭に戻したいですか?
憎悪(怒りや復讐心など)にとらわれ、児童相談所に闘いを挑み、子供を失いたいですか?

  

2.児童相談所の問題

 

児童相談所は「子供の幸せの為に」必要ですが、色々な問題が起きています。法制度や運用の見直し(改善)が必要です。

 

3.晃華学園と児童相談所

 

裁判は、被告の晃華学園と児童相談所を支持します。
原告・水岡不二雄氏を支援した事は間違いでした。悪質な犯罪被害に遭いました。

 

4.国連・子供の権利の問題

 

「国連・子供の権利で、児童相談所問題を解決する」という非現実的な主張。

カルトや左翼が、児童相談所、児童精神科、発達障害などの被害者支援から、勧誘~勢力拡大。