松 明 9


タイトル画像-トップページ

2018年1月21日(日)子安神社初詣と会合

「児童相談所の現実を理解し、家族の成長を支える子育てについて考えよう」


このサイト・松明9(たいまつ9)は、精神科、児童相談所、宗教や左翼に関する問題を扱います。

・随時、作成や編集を行ないます。更新時に内容を変える事があります。

・リンクは、サイトのトップページに張って下さい。お願いします。


プロフィール、問い合わせ、リンク、サイト履歴、ブログ


向精神薬や、頭に電気を流す治療により、精神病の症状が現れたり、症状が悪化する。
・向精神薬などでマインドコントロール。誰かを襲わせたり、セフレにしたり、自殺させる。
 (オウム真理教も、薬で信者をマインドコントロールし、無差別テロを実行)
・カルトや左翼が、被害者支援から勢力拡大か(創価学会・公明党、オウム真理教、ハンドパワー、他)


「戦わない選択」子供を児童相談所に保護された親へ

自分の生き方を変えてでも、子供を家庭に戻したいですか?
憎悪(怒りや復讐心など)にとらわれて、児童相談所と戦いたいですか?

 

戦わないで、損して得取れ ~ 子供を家庭に戻す事を最優先に考えて
・家族再統合の鍵と共通言語 ~ 子供を家庭に戻す重要ポイント
・児童相談所問題を国会議員へ

児童相談所は「子供の幸せの為に」必要ですが、色々な問題が起きています。政策や運用の見直しが必要です。

子供に絶望を与える保護、向精神薬の投与、劣悪な生活環境、躾や勉強を教えない。
・政策や運用の問題。虐待の証拠も令状も必要なく、親から子供を保護して、施設に入所させる。
・虐待親や嘘つき親が「何もしてないのに子供を拉致された!」「児童相談所廃止!」と騒ぐ。
・カルトや左翼が、被害者支援から勢力拡大か(創価学会・公明党、オウム真理教、ハンドパワー、他)

東京都調布市のキリスト教カトリック系私立校、晃華学園(こうかがくえん)が、教諭の体罰(暴行)を隠蔽し、親の抗議に報復する為、小学4年の水岡伶龍君を児童相談所に保護(拉致)させました。子供を取り返す為、父親の一橋大学名誉教授・水岡不二雄氏が、学校法人晃華学園、ならびに、当時の小学校長・石上壽美江、現小学校長・田島亮一、体罰を加害した高階俊之元教諭を相手取り、訴訟を起こしました。


国連・子供の権利条約(児童の権利条約)
・活動:DCI日本・子どもの権利条約日本・CRC日本・報告書をつくる会、嶋田和子氏の活動、中川聡氏の精神医療被害連絡会とオルタナティブ協議会。
・カルトや左翼が、被害者支援から勢力拡大か(創価学会・公明党、オウム真理教、ライフスペースSPGF、ハンドパワー、レイキ、共産党、朝鮮総連、他)


 宗教・政治問題 

現在はコンテンツなし、他サイトを参照願います

 

・政治問題:左翼、反日勢力、基地反対、核反対/原発反対、公明党などカルト系政党。
・カルト問題:創価学会・公明党、オウム真理教(現:アレフ、ひかりの輪)、ハンドパワー、波動、レイキ、他。
・宗教戦争:真如苑(真言宗系仏教)に対する、創価学会(新興宗教)の宗教戦争。
・創価学会の信仰=仏敵(暗殺や集団ストーカー)、その方法。
・オウム真理教(現:アレフ、ひかりの輪)、地下鉄サリン事件、精神科の治療方法でマインドコントロール。